カードローン借り換えランキング

カードローン借り換えランキング

カードローンの金利が高いから、他のカードローンに借り換えて毎月の返済額を抑えたいという場合に参考になるカードローンの借り換えでおすすめのランキングです。

カードローン借り換えランキングの解説

カードローンを借り換えるという場合には、目的は「金利の低下による毎月の返済額の削減」になることがほとんどです。

低金利の銀行カードローンが借り換え向き

つまり、より毎月の返済額の削減が可能なカードローンを選ぶことが重要になるのです。毎月の返済額を削減することができるカードローンというのは、低金利のカードローンということになります。
とくに限度額の大きさに応じて金利が段階的に引き下げられていく、銀行カードローンが最適です。
一つのカードローンの借り換えももちろんですが、複数のカードローンの借り換え(おまとめ・一本化)という意味でも、借り換え先のカードローンは限度額が大きくなることが多く、結果として段階的に上限金利が引き下げられる銀行カードローンの方が低金利が設定される可能性が高いのです。

審査という意味でも、通常のカードローン申込みよりは、そもそも他のカードローン会社の審査を通って借り入れてた部分を借り換えるだけなので、借入総額は増えないことから審査のハードルは下がります。ただし、銀行カードローンはベースの審査が厳しいため、利用できないケースもあるので注意が必要です。

カードローン借り換えでの注意点

カードローンの借り換えをする際に借り換え先への申込み時の注意点ですが、「資金の使途」に関して「借り換え目的」であることを伝える必要があります。

例えば、100万円の借入があって借り換えをする場合に、借り換えであれば借入先が変わるだけで借入額の総額の100万円は変わらないのですが、これを伝えずに100万円分の新規のカードローンに申込んでしまうと、その分追加で借りると考えられてしまい、200万円の総額の借入をする人として審査されてしまうのです。当然、これでは審査が通りにくくなってしまうのです。

借り換え目的な審査に落ちても、借り換えはあきらめない

借り換えは「それ以上にお金が必要なとき」に行うものではなく、「現状の返済額を抑えたいとき」に行うものです。そのため、「審査が通ればラッキー」というぐらいの考えで、一度カードローン審査に落ちても、継続的にチャレンジをすることが重要です。そもそも、低金利のカードローンに借り換えなければ意味がないので、審査はおのずと厳しくなってしまうからです。

例えば、3社で100万円の借入時には審査が通らなくても、返済が進んで2社80万円になったときには審査が通るかも知れないからです。借り換えできるタイミングは遅くても問題ないのです。

半年間に3社までという申込みブラックにならない範囲内で、継続的に審査通過を狙うことが重要です。

チェックすべきポイント

  • 上限金利の低さ
  • 限度額に応じて段階的に金利が引き下げられるかどうか
  • 銀行カードローン
  • 借り換え専用のカードローン

{article 25}{text}{/article}


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です