カードローン申込みランキング

カードローン申込みランキング

他の人は、どのカードローンを利用しているのでしょうか?カードローンの申込み数でランキング化してみました。

カードローン申込みランキングの解説

カードローンの申込み数は、公平性を期すためにデータを公表しているカードローンだけでランキング化しています。データ不明なカードローンは掲載していないのでご注意ください。

カードローンの新規申込数(人)

※2015年1月~3月データ当サイト集計

  • 1位 アコム   : 124,242人
  • 2位 レイク   : 122,701人
  • 3位 プロミス  : 114,586人
  • 4位 アイフル  :  95,217人
  • 5位 ノーローン :  22,043人

全体的な傾向としては、CMの露出度の多いカードローン、過去の知名度が高いカードローン、実店舗が多いカードローンが上位に来ている形となっています。とくにアコム、プロミス、レイクの争いは激しく、期間によっては順位が逆転することも多々あります。

レイクなどは、無利息期間サービスもあり、CMの露出量も多いのですが、過去の実績や知名度という意味で、プロミス、アコム、アイフルに及ばない形になっています。ただし、CMの好感度も高く、スマフォの利便性も高いことから、徐々にレイクの申込み数が増えていくものと考えられます。

カードローンを申込み数で選ぶメリット

カードローンを申込み数順で選ぶメリットはどんなものがあるでしょうか?

  • 他の方が一番選んでいることによる安心感
  • 多くの方が選んでいるということはそれだけサービスの利便性が競合他社よりも優れている可能性が高い
  • 多くの方が選んでいるということはリピーターも多いということなので、サービス自体が優れている可能性がある

ということになります。カードローンの場合には、CMの露出量も大きく申込み数には影響してくるのですが、サービスレベルやサポートの質が悪ければリピーターが離れてしまうので、申込み数が多いカードローン会社は一定水準以上のサービスの質があると考えて良いでしょうl。

カードローンを申込み数で選ぶデメリット
  • 自分が必要なサービスがあるとは限らない

無利息サービスが利用したいのに、無利息サービスを提供していないカードローンに申込んでも意味がありません。初期の借入額が少ないカードローンに大きく借りたい方が申込んでも意味がないのです。

申込み数だけでカードローンを比較してしまうと自分の必要としているサービスを受けられない可能性があります。

自分が選びたい消費者金融のカードローンのポイントが明確な方は、カードローンデータを参考に消費者金融を比較すると良いでしょう。

チェックすべきポイント

  • ランキング順位
  • 申込み数

{article 20}{text}{/article}

{article 17}{text}{/article}

{article 16}{text}{/article}

{article 24}{text}{/article}

{article 21}{text}{/article}


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です