カードローン信頼度ランキング

カードローン信頼度ランキング

会社規模、CM認知度、上場、経営状況などカードローン提供企業の信頼性をランキングしました。サービス対応の質に直結してくる企業信頼度、安心して借り入れをしたい方におすすめです。

カードローン信頼度ランキングの解説

信頼度が高いカードローンはおのずと大手都市銀行いわゆるメガバンクのカードローンに集約されてきます。世間的にも信頼性が高く、家族にローンカードが見られてもメガバンクのローンカードなら、キャッシュカードと区別はつきませんし、仮にカードローンの利用がばれても安心感が高いのは大手銀行のカードローンだと言えます。

しかし、信頼度ランキングというものを作っておいて言うことではありませんが、銀行の経営状況などを信頼度というのであれば、実際に経営状況を考慮する必要はカードローンやキャッシングにはありません。

なぜなら、お金を貸しているのではなく、借りているからです。お金を預ける定期預金や普通預金の場合は、その銀行が倒産したらペイオフによってお金は一定額以上は返ってきません。これは大きく損をしてしまうため、銀行選びも経営状況などを吟味して倒産しない銀行にしなければならないのです。

しかし、銀行にお金を借りていて銀行が倒産した場合、その債権がどこかの金融機関(銀行)に引き継がれるだけなので倒産しても、しなくても関係ありません。債務がなくなるわけではないが、大手の銀行が倒産したとして、ブラックな金融機関に債権が譲渡されるということはほとんど考えられないのです。

また、返済できなかった場合の取立てについても銀行カードローンの方が乱暴じゃないだろう。と考える方も多いと思いますが、これも間違いです。

銀行カードローンを提供している銀行は、保証会社として消費者金融と契約をしています。三菱UFJ銀行であれば、審査業務や債権回収業務は保証会社であるアコムに任せているのです。三菱UFJ銀行だから取立ては優しいだろうと思っても、返済が遅延した場合は債権は保証会社であるアコムに移動します。三菱UFJ銀行は関係なくなってしまうのです。

銀行カードローンであっても、返済遅延があった場合の取立て請求などは消費者金融が行うことになるのです。つまり、取り立てが嫌だから消費者金融カードローンではなく、銀行カードローンにするというのは意味がないのです。

カードローンを提供している銀行とその保証会社の一覧

現在では貸金業法の改正により、悪質な取り立て行為というのは消費者金融であっても、ほとんど行われていません。注意しなければならないのは闇金だけです。CMなどで名前をしっている知名度が高い消費者金融であれば全く問題はないのです。

つまり、カードローンの金融機関の信頼度というのは闇金でない限り、カードローン・キャッシング選びの上で大きな問題にはならないのです。ただし、「家族に言いにくい、銀行といっておけば安心してもらえる。」というような使い方であれば信用度という意味合いも大きくなるため、メガバンクのカードローンを比較するのがおすすめです。

チェックすべきポイント

  • 大手都市銀行のカードローンかどうか?
  • 保証会社

{article 26}{text}{/article}

{article 22}{text}{/article}

{article 28}{text}{/article}

{article 25}{text}{/article}

{article 631}{text}{/article}


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です