総量規制対象外ランキング

総量規制対象外のカードローンランキング

年収の3分の1という総量規制の制限以上に借りたい方におすすめのランキングです。総量規制対象外のカードローンの人気ランキングになります。

総量規制対象外のカードローンランキングの解説

総量規制とは

総量規制というのは、2010年の貸金業法の改正にともないできた制度になります。

単純に言えば「貸金業者は年収の3分の1までしか貸してはいけません。」という法律です。

これは「年収に見合わない借り入れを繰り返して返済不能に陥る方が多いこと」や「年収に見合わない貸し付けをして悪質な取り立てをする業者が多いこと」から設置された制度なのです。

総量規制の範囲内(年収の3分の1以内)に借り入れはとどめるべき

「総量規制の範囲内(年収の3分の1以内)に借り入れはとどめるべき」なのは間違えありません。政府がこれ以上借りると返済が困難になる可能性高いと判断したボーダーラインなのです。

しかしながら、「年収が低くて必要な金額を借りると少額でも年収の3分の1以上になってしまう」という方は少なくありません。

月10万円のアルバイトの方は、年収は120万円ということになるんどえ40万円までしか借りられないのです。また、収入が0円の専業主婦の方も、0円の3分の1も0円なので1円も借りられないことになってしまいます。

このようなケースで総量規制対象外のカードローンを選ぶという必要性が出てくるのです。

総量規制対象外のカードローンとは

総量規制対象外のカードローンとは、銀行が提供しているカードローンのことです。

総量規制という法律「貸金業法」というのは、貸金業者に対して効力を発揮するものなのです。貸金業者というのは、消費者金融やクレジットカード会社などのことを言います。

銀行は貸金業者ではないため、貸金業法には規制されないのです。銀行は銀行法という別の法律に規制されることになります。

つまり、銀行カードローンには総量規制は関係ない、対象外ということになるのです。

総量規制の影響が大きい人というのは、年収500万円でも150万円借りたいという方ではなく、年収が100万を切ってしまうアルバイトやパートの方、年収が0円の専業主婦の方なのです。年収が50万円の場合には15万円までしか借りられませんし、年収が0円の専業主婦の方は1円も借りることができません。

こういうケースで総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶことに意味が出てくるのです。

総量規制対象外の銀行カードローンも審査は厳しい

しかし、総量規制が対象外だからといって、銀行カードローンであれば年収の3分の1以上でも借りられると考えてしまうのは早計です。そもそも、消費者金融よりも審査が厳しいのが銀行カードローンなので、属性が良くなければ総量規制の範囲内である年収の3分の1すら借りられないケースがあるからです。

銀行カードローンで3分の1以上の借入をしようとして、審査に落ちてしまうのは決して珍しいことではないのです。その場合は、現在借入中のカードローンの返済実績、完済実績を積み上げながら信用を積んで再度申し込むか?銀行カードローンで少額だけ借り入れして、増額を繰り返して「枠」を広げていく方法がおすすめです。

年収の3分の1以上借りるというのはそれなりに高いハードルであることを認識しましょう。節約などで対応できるのであれば借りない方が良いラインなのです。

チェックすべきポイント

  • パート、アルバイトが利用可能か、どうか?
    専業主婦が利用可能か、どうか?
    借入限度額
    上限金利

{article 26}{text}{/article}

{article 24}{text}{/article}

{article 28}{text}{/article}

{article 25}{text}{/article}


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です