カードローン融資速度ランキング

カードローン融資速度ランキング

すぐにお金が必要という方は金利よりも融資までにかかる時間が重要なのは間違えありません。融資までにかかる時間が短い、すぐに借りられるカードローンをランキング形式で紹介します。「最短即日融資」と表示されているのが当たり前のカードローンが多いのですが、実際に即日利用をするためにはいくつか注意すべきポイントもあるのです。

カードローン融資速度ランキングの解説

借入までのスピードというのは、大きく3つに大別して考えることができます。消費者金融のカードローンと、銀行のカードローン、クレジットカード会社が発行するカードローンの3つです。

消費者金融カードローン

大手消費者金融の場合は、申込みから審査までの時間は「最短30分」と記載されているのが一般的です。あくまでも「最短」なので、平均的に申込みから借り入れまでは2時間~3時間と考えるのが良いですが、2時間~3時間で借り入れが可能ということは当然「即日借り入れ」ができるということなのです。

ただし、指定の銀行へ銀行振込みで借り入れをする場合は銀行が営業中の15時までに振込み依頼を消費者金融がしなければなりません。「契約完了を平日14:50までに」「申込みを平日14:30までに」というように消費者金融ごとにリミットが設定されています。この時間までに借り入れを完了するためには午前中に申込みを完了しておくことをおすすめします。

これを過ぎてしまった場合は、借り入れができないのかというとそうではありません。

大手消費者金融の場合には「無人契約機(自動契約機)」というものがあり、インターネットで申込をした後、オペレーターに「ローンカードを「無人契約機」で受け取る」ことを伝えれば、「無人契約機」の営業時間、夜8時~9時まではローンカードを受け取ることが可能です。ローンカードが手元に来れば、コンビニATMなどで24時間借入ができるため、「即日借り入れ」ができるということになります。

銀行カードローン

銀行の場合は、審査までのスピードは消費者金融に比べて遅くなってしまいます。銀行カードローンでも「最短即日」と宣伝されているカードローンが増えてきましたが、やはりそこは銀行。営業時間が短いこと、銀行と保証会社の2社の審査が必要なことなど、どうしても構造的に時間がかかってしまうのです。銀行カードローンの場合は、平均で2営業日ぐらいの時間が必要と考えておいた方が良いのです。

みずほ銀行カードローンの場合も、銀行口座を持っていて、ICキャッシュカードを持っていれば、カードローン申込み後、審査通過で契約が終われば、お持ちのICキャッシュカードにローンカード機能が付与されるため、店舗にすらいかずにローンカードを手にすることが可能になっています。

このように銀行カードローンも、消費者金融並のスピードで即日借り入れが可能になっているのです。

クレジットカード会社のカードローン

クレジットカード会社が発行する信販系カードローンの場合は、一番借入までのスピードが遅いと言っていいでしょう。通常のクレジットカード発行のフローにのっかるケースが多く、1、2週間かかってしまうこともあるのです。

即日借入、即日利用の必要がある場合は、迷わず消費者金融系のキャッシング・カードローンを選択することをおすすめします。

チェックすべきポイント

  • カードローンの発行会社の種類
  • 審査までのスピード
  • 振込までのスピード
  • ローンカードの即日受取方法
  • 土日祝日、深夜の振込対応可否
  • ネットキャッシングの対応可否

{article 18}{text}{/article}

{article 16}{text}{/article}

{article 20}{text}{/article}

{article 17}{text}{/article}

{article 24}{text}{/article}


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です