本人収入なし専業主婦向けランキング

本人収入なしの専業主婦向けランキング

本人に収入のない専業主婦が借入可能なカードローンランキング。カードローンというのは、利用する際に「本人に安定した収入があること」と決まっているのが通常です。収入がなければ、お金を隔日に返済してくれることが期待できないのです。収入がないため、返済の見込みがない、返済するすべがないからです。しかし、いくつかのカードローンのみ、本人に収入がなくても、配偶者に収入がある専業主婦であれば利用できるカードローンがあります。

本人収入なしの専業主婦向けランキング

なぜ、収入のない専業主婦でも借りられるのか?

配偶者にきちんと収入があって、婚姻関係にあれば世帯収入から返済できると考えられるからです。

以前は消費者金融カードローンでも、配偶者に収入があれば専業主婦でも借り入れはできたのですが、2010年の貸金業法の改正により、消費者金融には「総量規制」という制度ができてしまいました。この再度は収入の3分の1までしか貸してはいけないということを消費者金融に規制するものですので、本人に収入がないと収入ゼロの3分の1もゼロなので、お金を貸すことはできないようになってしまったのです。

そこで、登場するのが銀行カードローンです。銀行カードローンは「貸金業法の規制の対象外」なので「総量規制も対象外」です。貸金業法というのは貸金業者に対して規制する法律であり、銀行の場合は銀行法が適用されるので関係がないのです。つまり、本人に収入がなくても銀行カードローンであればお金を貸すことはできるのです。

本人に収入がなくても、配偶者に収入がある専業主婦の方であれば利用できる銀行カードローンがいくつかあります。このランキングは、専業主婦の利用可能なカードローンランキングです。

専業主婦の借入ができるカードローンは少ない

ただし、銀行カードローンであっても、すべてで専業主婦の利用ができるわけではありません。専業主婦が利用できる銀行カードローンは限られていて、あまり選択肢はないのです。

現在では、みずほ銀行、三菱UFJ銀行のメガバンク系、イオン銀行など主婦がターゲットの流通グループのカードローンなどが専業主婦の借入が可能になっています。

注意したいのは専業主婦でも配偶者の収入は必須事項であることです。しかし、配偶者の方の収入証明書は必須の提出書類には設定されていないため、自己申告が中心と言えるでしょう。借りれる金額としては、平均的に30万~50万の限度額に設定されています。みずほ銀行のカードローンも専業主婦の利用が可能ですが、審査の難易度が低いのはオンのショッピングセンターでの利用も見込めるイオン銀行カードローンになります。

チェックすべきポイント

  • 専業主婦の借入が可能なカードローンか?どうか?
  • 上限金利
  • 専業主婦の借入限度額

{article 26}{text}{/article}

{article 22}{text}{/article}

{article 28}{text}{/article}


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です