即日発行可能実現度カードローンランキング

即日発行可能実現度カードローンランキング

その日のうちにお金が必要というケースも少なくありません。その日のうちにお金を貸してもらえる「即日発行」の可能性が高いカードローンの比較ランキングです。

即日発行可能実現度カードローンランキングの解説

「最短即日発行」と書いてあれば、どんなカードローンでもその日のうちにお金を借りられると思ったら、それは大きな間違いです。

「最短即日」という表記は、あくまでも「最短」なのです。

翌日になるのか?2日後になるのか?3日後になるのか?わからないのです。即日融資が約束されているわけではありません。

しかし、カードローン会社は多くの申込者を集めようとして、多くのカードローンで「最短即日」という宣伝をしています。「最短即日」という表記だけを見てカードローンを選んでしまうと、その日のうちにお金が必要だったとしても、手に入れられない可能性が高いので、カードローンの比較の仕方に注意が必要なのです。

1.即日発行可能実現度が一番高いのは消費者金融カードローン

「審査が最短30分」という審査スピードの速さが大きな魅力です。審査が早いからこそ、その日のうちにお金を借りられる可能性が高いのです。

また、消費者金融カードローンの場合は、15時以降でもローンカードを無人契約機で受け取ることもできるため、15時以降でもローンカードを受け取れればそのローンカードでコンビニATMで24時間引き落としができるので、即日借り入れができる可能性も大きいのです。

さらに消費者金融カードローンは金利が高い分、審査のハードルが低くなっています。審査のハードルも低く、審査のスピードも速い、消費者金融カードローンが一番即日融資の可能性が高いカードローンなのです。

2.即日発行可能実現度が次に番高いのはメガバンクのカードローン

消費者金融カードローンよりは低金利のため審査が厳しくなるデメリットがあります。審査のスピードが早くても、実際に借りられるかはわからないのです。

一部のカードローンの場合には、キャッシュカードを持っていれば、審査通過後自動的にそのキャッシュカードがローンカード代わりに利用できるため、ローンカードの受取の必要がなく、その日のうちに審査が通っていれば即日借り入れがしやすいのです。

ただし、総じて銀行カードローンは審査が厳しいため、1社申込んでみて審査落ちしてしまうようなら、消費者金融カードローンに切りかえて申込む必要があります。

3.即日発行可能実現度が3番目に高いのはネット銀行のカードローン

最後に「最短即日融資」と記載しているネット銀行のカードローンです。ネット銀行の場合は、低金利の分、審査が厳しいこと、また、無人契約機や店舗端末がないため15時以降になると審査がとってもお金を受け取ることができないことがデメリットです。(一部のネット銀行カードローンは24時間振込み対応をしています。)

「15時までの銀行振込みという時間制限」と「低金利ゆえに審査のハードルが高いこと」の2点があるため、前述した消費者金融カードローン、メガバンクカードローンと比較して、「即日借り入れ」という目的にはあまり適していないカードローンなのです。

まとめ

即日発行可能実現度の順番は

  1. 消費者金融カードローン
  2. 「最短即日融資」可能なメガバンクカードローン
  3. 「最短即日融資」可能なネット銀行カードローン

と覚えましょう。あまりに、低金利の銀行カードローンにこだわりすぎてしまうと、その日のうちにお金を入手できない可能性も高いので、「即日融資」と「低金利」のどちらを選ぶのか注意が必要です。

チェックすべきポイント

  • カードローンの発行会社の種類
  • 「最短即日融資」が可能かどうか?
  • 「審査回答」のスピード
  • 15時以降にローンカードを受け取れる無人契約機・テレビ窓口などの有無

{article 20}{text}{/article}

{article 16}{text}{/article}

{article 17}{text}{/article}

{article 18}{text}{/article}


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です