借入が3件超の方のカードローン

借入が3件超の方のカードローン

借入件数が3件を超えてくると途端にカードローンの借り入れが難しくなってきます。これは審査上3件もカードローンを借りている人がさらに借りるほどお金に困っているということは、返済不能になって債務不履行になる可能性が高いと判断されてしまうからです。

しかし、実際に借入件数が3件超えていても、お金が必要なケースも出てきます。この場合はどうすればよいのでしょうか?

方法1.「審査の通りやすい消費者金融に申し込む」

借入件数が3件を超えてくると銀行カードローンや信販系のカードローンでは、ほぼ審査が通らないと思って良いでしょう。消費者金融カードローンであれば、少額であれば借りられる可能性があるため、申し込みブラックにならない3件までは申し込みをしてみるという方法があります。

方法2.「枠を増やして、借入件数を減らす」

まずは、借入中のカードローンに利用額の増額を依頼して、増額ができたら、その増額分で一番借入額の少ないカードローンを完済して、借入件数を減らす方法です。

もちろん、増額の審査で断られる可能性もありますが、ダメ元でも試してみる必要がある方法です。

方法3.「カードローンの借り換えをして金利を減らし、返済負担を軽減する」

新たな借入れはできない可能性もありますが、毎月の返済額を軽減することで、余裕が出来た分の資金を活用する方法です。

金利が高いカードローンから、金利が低いカードローンに借り換えることができれば、毎月の返済額が軽減できます。

カードローン借り換えランキングはこちら

方法4.「毎月の最低返済額が低いカードローンへ借り換える」

例えば、オリックスVIPローンの場合、10万円借入時の毎月の最低返済額は7,000円です。しかし、アコムやモビットなどの消費者金融の場合、10万円借入時の毎月の最低返済額は3,000円~4,000円です。つまり、毎月の最低返済額が低い消費者金融カードローンに借り換えると、それだけで毎月の返済額が半減できる可能性もあるのです。

ただし、毎月の返済額が少なくなれば完済までの期間が伸びてしまうことと、ほとんどのカードローンの場合毎月の最低返済額は残高によって決まっているため、借り換え前に本当に毎月の最低返済額が軽減できるのかを確認する必要があります。

方法5.「おまとめローンで毎月の返済負担を軽減する」

おまとめローンで3件の債務を一本化することで、毎月の返済額を軽減し、家計に余裕を持たせることで新たな借り入れをしないで済むという方法もあります。ただし、おまとめローン利用中は新規の借り入れは原則できないことに注意が必要です。

おまとめローンはこちら

方法6.「家族や親戚から借りて、カードローンの一部を完済する」

家族や親戚から、借入れ額全額を貸してもらうのではなく、一番借入額の少ないカードローンだけでも完済するための費用を借りれるか検討します。

家族に言えないからカードローンを利用しているという方も多いとは思いますが、金利が高いカードローンの借入額を減らすためには検討すべき方法のひとつです。

借入件数が下がれば、カードローンの審査が通り、その枠次第では家族や親戚へ返済することも可能です。

上記のように借入件数が3件を超えてくるとなかなかカードローンの新規申し込みが難しくなり、取れる選択肢も少なくなってきます。3件を超える前に、金利が高い借り入れや借入額の低い借り入れから繰り上げ返済で完済していくことを考えましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です