家族にバレないために必要なこと

家族にバレないために必要なこと

カードローンやキャッシングを利用する方の中には家族にはどうしてもばれたくないという方も相当な数いらっしゃいます。いまでは、在籍確認不要、利用明細はWEBのみなど、家族にばれたくない人向けのサービスが増えてきていますが、今一度家族にばれないように注意すべき点をおさらいしましょう。

カードローン利用やキャッシングがばれてしまう状況

  1. 契約書類が郵便として自宅へ郵送されてきたとき
  2. ローンカードが郵便として自宅へ郵送されてきたとき
  3. 利用明細が郵便として自宅へ郵送されてきたとき

基本的には、自宅へ郵送物が届いたときが一番のばれるタイミングになります。家族が間違えて中身を確認してしまうのです。

ばれないポイント

1.契約は店舗で行う

本契約を店舗で行えば、契約時の書類やローンカードが自宅に送付されることを防げます。

2.郵送が必要なくWEBだけですべてが完了するカードローン(キャッシング)を選ぶ

今では、WEBを中心としてカードローンやキャッシングが増えています。例えば、SMBCモビットのWEB完結申込を利用すれば、電話確認もなく、郵送物もなく、WEBだけですべてが完結できます。

SMBCモビットカードローン

3.TV窓口でローンカードを受け取る

三菱UFJ銀行は、TV窓口で契約完了後ローンカードを受け取ることが可能です。受け取りに行けば郵送される心配はありません。

三菱UFJ銀行カードローン

4.利用明細の自宅送付がないカードローン(キャッシング)を選ぶ

最近では、ネット銀行などを中心に、利用明細の送付をせずに、ネットのログイン画面での確認だけにしている金融機関が増えてきました。利用前に利用明細の送付がWEBだけにできるのか、確認のうえ申し込みましょう。

5.利用明細送付型の場合、ATMで返済してしまう

ATMで返済日の前日にでも、返済してしまえば、利用明細は発行されません。

6.銀行カードローンであれば、利用明細もごまかせる?

銀行カードローンの場合、銀行名での利用明細がくるので、ごまかせる可能性もあります。ただし、これは危険な方法といえるでしょう。口座開設したといううそを付いても、なんで、っていう話になるので、弁の立つ方以外にはおすすめできません。

7.ローンカードのないカードレスのカードローンを選ぶ

契約は、WEBだけで完結できても、ローンカードだけはどこかで受け取る必要があります。その郵送物で家族にばれることを防ぐには、ローンカードのないカードローンを利用することも必要です。ローンカードがないとATMでの借り入れや返済はできませんが、ネットやスマフォで借り入れや返済が可能です。

オリックスカードレスVIP

今後もペーパーレス化が進むと思われるカードローン、キャッシング業界なので、ばれる可能性はどんどんすくなくなっていくことが想定されますが、できれば家族の理解のもと、借入を行いたいものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です