学生のカードローン利用と学生ローン

学生のカードローン利用と学生ローン

学生のカードローン利用について解説しています。また、学生ローンとカードローンの違いについても解説します。

学生でもカードローン利用はできるのか?

そもそも、学生でもカードローン利用はできるのでしょうか?

答えは「はい」です。学生でもカードローン利用は可能です。

ただし、学生の場合でも

「18歳以上で安定した収入がある方」

というカードローンの申し込み条件をクリアしなければなりません。この条件をクリアしていれば、銀行カードローンでも、消費者金融カードローンでも、信販系カードローンで申込みは可能です。銀行カードローンの場合は、20歳以上という申込基準になっていることが多いので注意が必要です。

つまり、18歳以上でアルバイトによる継続的な収入があるのであれば、大学生でも、短大生でも、専門学校生でも、カードローンの利用は可能になります。

一方、18歳未満の高校生やアルバイトをしていない大学生などはカードローンを利用することはできないのです。

学生ローンとカードローンの違い

学生が利用するローンというと真っ先に思い浮かべるのが「学生ローン」だと思います。しかし、「学生ローン」と「学生が利用できるカードローン」には違いがあります。

「学生ローン」

中小の消費者金融が提供している学生がキャンパスライフを送るために必要な資金を借りることのできるローンのことを言います。高田馬場などの学生の街に多く、小規模な消費者金融が多く提供しています。また、カードローンではないため、ローンカードはなく、融資が決まれば店頭か、銀行振込みによって入金が行われます。

「学生が利用できるカードローン」

通常のカードローンです。銀行や大手消費者金融が提供しているカードローンは、安定した収入があれば学生でも利用可能です。ローンカードが発行され、コンビニなどで返済借入が可能です。スマフォ利用なども充実している手軽さがあり、近年では学生でも学生ローンよりはカードローンを選択する方が増えてきています。

おすすめはカードローン

では、学生ローンとカードローンはどちらがおすすめなのでしょうか?

間違えなく「カードローン」です。

理由その1「銀行か大手消費者金融の安心」

学生ローンは、中小の消費者金融が提供しているものがほとんどです。そのため、中には闇金が経営していることも少なくありません。優良な学生ローンももちろんありますが、知名度がないため綿密に調べないとちゃんとした消費者金融かどうか?闇金でないかどうか?がわからないのです。カードローンであれば、消費者金融といっても、CMを行っていて名前の知られている大手ばかりです。銀行の信頼性は言わずもがなですので、安全性を取るならカードローンと言えます。

理由その2「返済すれば何度でも使える」

カードローンと学生ローンの大きな違いのひとつとして、学生ローンははじめに借りて後は返済するのみという借り入れ方法です。追加でお金が必要になった場合はもう一度審査が必要になるのです。一方、カードローンであれば設定された限度額「枠」の範囲内で余裕がある状況であれば、いつでも、何度でも借りることが可能になります。

理由その3「コンビニやスマフォでも、手軽に利用が可能」

学生ローンは基本的には店舗に行く必要があります。高田馬場や中野、池袋などの学生街にある店舗に足を運ぶ必要があるのです。カードローンはご存知のようにコンビニATMでも、スマフォからでも、借り入れが可能でかつ来店の必要はありません。スマフォだけ持っていれば申し込みから借り入れまで完結できる手軽さがあるのです。

理由その4「総量規制」

学生で安定した収入があると言っても、月5万円のアルバイトであれば、年間の給料は60万円です。総量規制の対象になる消費者金融の場合、この3分の1の18万円までしか借り入れができません。学生ローンでも、消費者金融のカードローンでも、これは同じですが、銀行カードローンの場合は総量規制にかかわらず申込をすることが可能です。年収の3分の1以上を借りたい場合は総量規制の対象外である銀行カードローンを選ぶ必要があります。

まとめ

学生でも、アルバイトによって定期的な収入があれカードローンの利用は可能です。学生ローンではなく、カードローンを利用しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です