カードローン払えない

カードローン払えない

カードローンやキャッシングの返済が不能になった場合はどう対処すればいいのでしょうか?ここでは、カードローンが払えない場合の対処法について解説します。

カードローンが払えない場合の対処法

優先度1.返済ができないことがわかったら、すぐに借入先に相談する

次の返済ができず、払込ができないことがわかったら、すぐに利用しているカードローンを提供している銀行や消費者金融に事情を話しましょう。理由によっては、返済日を遅らせてもらったりすることが可能です。返済の柔軟対応では、銀行よりも消費者金融の方が親身に相談にのってくれるケースが多いです。また、返済遅延でも、無断で遅延するのと、事情を話した上で遅延するのでは、個人信用情報の記載内容も違ってくるため、事前に事情を報告することが今後の借り入れのためにも重要なのです。

優先度2.今後も返済不能状態が続きそうであれば、おまとめローンを検討する

一回の返済が苦しいだけではなく、今後も返済が厳しいと思っている方は、まずはおまとめローンや借り換えローンによる債務の一本化を検討しましょう。カードローンからおまとめローンに切り替えると、その枠の中での借入というのができなくなりますが、返済に集中できること、金利が下がることによって毎月の返済額の削減や返済が一本化されることなど、メリットも多くあります。

おまとめローン

優先度3.おまとめローンの審査が通らないのであれば、債務整理を検討する

おまとめローンは審査基準も高く設定されていることも多く、審査に通らないケースも多いのです。その場合は、債務整理を検討しましょう。債務整理の中でもまず検討すべきは「任意整理」です。任意整理であれば、財産の処分などが必要なく、弁護士などの専門家が仲介し、可能な範囲の返済計画で債権者と交渉をしてくれます。将来の返済すべき利益なども削減できるなど、返済不能であれば早い段階で任意整理を検討した方が良いのです。

任意整理の詳細

優先度4.任意整理よりも、借金を完全になくしたい人は、自己破産を検討する

任意整理の場合は、財産を処分する必要がない分、借金がなくなるわけではありません。減額どまりです。しかし、自己破産であれば、生活に必要な家財以外は財産を処分する必要がありますが、借金がゼロになります。職業制限などのデメリットもありますが、借金をゼロにしたい場合は、専門家に相談した上で自己破産を検討しましょう。

自己破産の詳細


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です