無理のない返済のコツ

きちんと返すための返済計画や無理ない返済ってどうやるの?

借金は返済しなければなりません。銀行や消費者金融のCMでも「借り過ぎに注意」「無理ない返済を」「ご利用は計画的に」と、忠告する文言が並びますが、「実際にどうしたらいいの?」と思う方も多いのではないでしょうか。ここでは、無理のない返済や返済計画の立て方について解説します。

カードローン借り入れ額の目安を知ろう

一般的なローンというのは、年収に対する借入金額の割合で様々な基準が決まってきます。その中で審査にも使われるのが返済負担率というものです。

返済負担率=借り入れ額(利息も含めた返済額)/年収

で計算され、年収の何%までを借りているかの指標になります。返済負担率は借入額ではなく、返済額なので利息も入れた計算をしなければなりません。

無理内返済の目安としては
年収300万未満であれば、返済負担率は25%まで
年収300万~400万未満であれば、返済負担率は30%まで
年収400万以上であれば、返済負担率は35%まで
と言われています。

ちなみに、この返済負担率が50%を超えると、金融機関からは要注意と思われるラインだそうです。

そのため、消費者金融や信販会社に適用される総量規制というのは返済負担率が33%というラインに設定されているのです。

つまり、年収400万の方であれば、利息も含めて140万円までの借り入れに抑えないと返済自体が滞ってしまうのです。心配な方はこの返済負担率を20%と考え、借入額を年収の2割まで決めると無理なく返済ができるでしょう。

完済までのスケジュールを組もう

カードローンやキャッシングは、借入の限度額、枠をもらえるため、枠いっぱいなら使っていてもいいんだと考える人も多く、なかなか返済が進まないケースも出てきます。借りる際には、返済までの期日と、毎月の返済額を決めてから借り入れをしなければなりません。借入しなければならないというのが先行して借り入れのことを考えてしまいがちですが、返済・完済までのイメージをした上で借り入れをすることをおすすめします。

借入額と、毎月の返済額(もしくは借入期間)を決めたら、当サイトにも設置してある返済シミュレーションを利用して、毎月いくらずつ返して、いつ完済するかのスケジュールを決めましょう。

返済シミュレーション

毎月の返済可能額を決めると返済期日も決めやすくなります。給料と、それ以外の生活費や食費、住居費などを除いた額から、無理のない範囲で毎月の返済可能額を決めましょう。借り入れをしたい額と毎月の返済額を入力すれば、何回の返済でいつまでに完済するのかがわかります。

スケジュールを組んだらやっておきたいこと

返済をATMからなどに設定してしまうと、ついうち返済予定日から忘れがちになってしまったり、返済シミュレーションで決めた金額よりも少なく返済してしまったりしがちになります。

ひとつの方法として、給与の振込口座からの口座振替を利用する返済方法がおすすめです。あらかじめ決まったタイミングで預金口座から自動的に振り替えられるしくみになっているため、「誘惑に負けた」「期日を忘れてしまった」ということが起こりにくい返済方法です。ATMからの返済は確かに便利ですが、ご自身で動かなければならないため、タイミングや誘惑に負けてしまいがちなのです。

繰り上げ返済を利用。貯金よりも返済に当てるのが賢い方法

予定していた返済もうまくいっているが、多少余裕があり貯金もしている。といった人も意外と多いのですが、これは本末転倒です。貯金をしても、普通預金であれば0.02%ぐらいの金利が付けばいい方で、どんなキャッシングの金利にも勝てません。すなわり、貯金する余裕があれば、すぐにでも繰り上げ返済して元本を減らしたほうが総返済額は少なくて済むのです。

もちろん、繰り上げ返済の手数料も考慮する必要がありますが、基本的には「ある程度貯まったら繰り上げ返済しよう」という考えは捨てて、コツコツ繰り上げ返済することをおすすめします。

短期間の借り入れなら無利息期間のあるカードローンが便利

無利息期間というのを聞いたことはないでしょうか。実は、いくつかの金融機関では、「この期日までに返済すれば利息はいらない」というサービスを実施しているカードローンやキャッシングがあります。もちろん、本来10%前後の金利が0%になるため、条件はあるのですが、利用しない手はありません。

特に短期間の借り入れやはじめての方に適用されるため、条件がクリアできるのであれば、下記のカードローンを利用するのがおすすめです。ただし、注意しておかなければならないのは、無利息期間を超えてしまうと他のカードローンよりも金利が高いことがほとんどですので、無利息期間のあるカードローンを使う場合には期日までに完済することが必要です。

無利息期間のあるカードローン条件と無利息期間
プロミス カードローンはじめての方 全額30日間
ノーローン カードローン何度でも利用可能 全額1週間
新生銀行 カードローン レイクはじめての方 全額30日間
新生銀行 カードローン レイクはじめての方 5万円まで180日間

まとめ

1.収入から適正な借入額の上限を計算し、その金額内で必要な借入額を決める。

2.必要な借入額が決まったら、毎月の返済可能額を決める。

3.毎月の返済額と借入額を返済シミュレーションに入力し、完済までの返済回数、返済時期を算出。

4.計画に無理ながないか確認。返済時期などがイメージと違ったらやり直す。

5.カードローンやキャッシングへの申し込み

6.決めたスケジュール通りに返済を実行

・給与振込口座の口座振替が便利
・余裕があるときは迷わず繰り上げ返済で返済期間を短縮
・短期間、少額の借り入れなら無利息カードローンを利用

上手に利用すれば非常に便利なサービスがカードローンやキャッシングです。上記のポイントを理解して借り入れを実行すれば決して怖いものではありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です