日雇い単発バイトのカードローン利用

日雇い単発バイトのカードローン利用

日雇いの仕事や単発バイトをしている方も少なくありません。では、日雇いの仕事の方、単発バイトをしている方のカードローン利用はできるのでしょうか?

審査は厳しいもののカードローン利用は可能

日雇い、単発バイトだからカードローンが利用できないということはありません。

しかし、カードローン審査がサラリーマンなどと比較して厳しいのは事実です。

なぜなら、カードローン会社がカードローン審査でチェックしているのは

「安定した収入」

だからです。

「安定」というのは「継続」という意味なので、急な解雇や倒産がなければ基本的に継続して給料を受け取れる公務員や会社員の方が審査は通りやすくなるのは当たり前なのです。

派遣社員、契約社員などの半年、1年、3年ほどのスパンで契約する仕事の方が次いで審査に通りやすく、当然、日雇いや単発バイトで生活している方は一番審査が通りにくくなってしまうのです。

しかし、収入があることは事実ですし、日雇い、単発バイトでも生活をしている以上継続的に行っていることは事実ですので、いくつかのポイントを押さえれば、日雇いや単発バイトをしている方でもカードローンの審査に通る可能性を高めることができます。

日雇いの仕事、単発バイトでカードローンを利用するためのポイント

同じ日雇いの仕事、派遣登録先、単発バイトを継続して行う

本当に1日だけしかしないバイトというのは、やはり「安定した収入」とはみなされません。

日雇いでも、おなじ派遣元で継続的に仕事先を紹介してもらっている

という場合は、ある程度の信頼性が生まれます。また、派遣元が決まっていれば派遣元会社の名前を書いておけば、在籍確認のときにも対応してくれるケースが多いのです。

当然、建築の職人の方やキャバクラなどで働く女性であっても、継続的に働いていることが重要になるのです。

派遣元が安定していれば、カードローン審査に通る可能性が高くなるのです。

はじめは少額の限度額希望で実績を作る

まず、重要なのはカードローン会社から見ると日雇いの仕事、単発バイトをしている方というのは、「将来に渡って返済してくれるのか?信用しにくい」という受け止められ方をします。

お金を貸すのに返してもらえない貸し倒れが発生すれば、その分が損失になってしまうためカードローン会社としては当然の判断なのです。

仮に派遣元に在籍確認ができたとしても、1年後、2年後も仕事があるかはわからないのです。

そのため、はじめから50万、100万、という限度額を希望しても、最低返済額で返済を続けた場合返済が数年の長期間にわたってしまうことになるため、ほとんど審査には通らないのです。

重要なのは、はじめの限度額希望は10万、20万というような低額に設定して、きちんと返済を継続して実績を積み上げることなのです。

日雇いの仕事、単発バイトをしている方でも、返済を遅延なしで継続した期間が長くなれば長くなるほど、その人自身の信頼が上がっていくのです。

返済実績が積み上がれば、増額の依頼をすれば当初希望していた50万、100万といった限度額を設定してくれる可能性も高まるのです。

銀行カードローンはあきらめて消費者金融カードローンに申込む

日雇いの仕事、単発バイトをしている方の場合、当然カードローン審査は厳しくなるのです。

そのため、一般の人でも審査が通りにくい銀行カードローンがいくら低金利だからと言っても、ほとんど審査に通ることはできなくなってしまいます。

金利が高いのは仕方がないと割り切って、審査通過の可能性が少しでも高い消費者金融カードローンを選ぶべきなのです。

消費者金融カードローン比較ランキング

まとめ

日雇いの仕事、単発バイトをしている方のカードローン利用では、「継続すること」が重要になります。

  • 同じ仕事、同じ派遣先を継続する
  • 少額からでも遅延なしの返済を継続する

これを積み重ねていくことで、信用が生まれカードローン審査も通りやすくなるのです。日雇いの仕事、単発バイトだからカードローンが利用できないということはないのです。

2、3社に申込んでダメでも、半年ほど同じ仕事、同じ派遣先で仕事を継続してから再度申し込めば審査が通ったという方も少なくありません。あきらめずに信用を積み重ねることが重要なのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です