保証人と連帯保証人の違い

保証人と連帯保証人の違い

カードローンやキャッシングは、保証人が必要のないサービスですが、そもそも保証人とはどういうものか、連帯保証人と保証人は何が違うのかについて、認識しておくことも重要です。

保証人とは

民法では、「保証人とは、主たる債務者がその債務を履行しない場合に、その履行をなす債務(保証債務)を負う者をいう」とされています。簡単に言うと、お金を借りた本人が返済できないときには、代わりにお金を返済する義務を追う人となります。

つまり、本人が返済してくれなければ、ほぼ借金しているのと同じような状態になるということなのです。そのため、「親しくても、保証人にはなってはいけない」と言われているのです。今の希薄化した社会では、特に保証人を探すのは大変なので、そういった背景もあり、カードローンやキャッシングでは保証人が不要になっています。

保証人と連帯保証人の違い

連帯保証人は、保証人よりも重い立場になるのです。保証人であれば、「あくまでも借りた本人が返済できない場合」に代わりに返済する義務を負いますが、連帯保証人は、借りた人と同じように返済義務を負うのです。「まずは本人に言ってくださいよ。」というのすら、通用しないのが連帯保証人です。

ちなみによくある保証人の勘違い

保証人になるということは、借金をした人とのつながりでなるケースが多いのですが、借金をした人と保証人との間で契約するものではありません。消費者金融と保証人が保証契約を結ぶものなのです。保証人になる際には、債権者貸す側の企業なども見定めた上で契約しないとブラックな会社では大変なことになってしまいます。

カードローンやキャッシングでは、保証人は不要ですが、それ以外の借金で保証人になることを求められても軽々にOKを出してはいけないものなのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です