家族にバレる?可能性

「家族や会社にバレない?」「審査は通るの?」カードローンの不安を解消!

カードローンを利用しようとしている人は、カードローンの利用に関していろいろな不安を持っているかと思います。この記事ではカードローン利用時に多くの方が感じる不安について解説します。

「会社や家族にバレてしまわないか?不安です。」

確かに、やましいことはなくとも、「無駄に説明したくない」「心配をかけたくない」 「会社にバレてクビなどのリスクは負いたくない」・・・とカードローンを利用していることをバレないかどうかが一番気になるのではないでしょうか?

では、まずカードローンはどのタイミングでバレる可能性があるのか?を考えてみまし ょう。

1.契約申込者への申込内容の確認
2.会社への在籍確認
3.自宅へのローンカード・契約書の郵便物
4.自宅への利用明細書の郵便物
5.滞納時の自宅への電話

上記が考えられる家族や会社にバレるタイミングになります。では、ひとつずつバレる可能性と対処法について解説します。

1.契約申込者への申込内容の確認

基本的にほとんどのカードローンやキャッシングでは、申込み時に「審査結果や内容確認の際の連絡先」という項目で携帯の電話番号が選べます。ご自身の携帯番号を登録しておけば、自宅や会社にかかってくる心配はありません。

2.会社への在籍確認

会社への在籍確認は、カードローンやキャッシングの審査時に必要になってきます。この時は、必ず担当者個人の電話番号からかかってきます。

「山田と申しますが●●様いらっしゃいますでしょうか?」

という個人名でかかってきます。ですので、金融会社の社名は誰にも伝わらないため、会社にバレることはありません。

3.自宅へのローンカード・契約書の郵便物

ローンカードに関しては、完全にネットバンキングだけで対応しているカードローンでない限り必要になります。ほとんどの場合、ローンカードの受取をする必要がありますが、消費者金融系のカードローンの場合、郵便物には最大限の配慮がされ社名を伏せて「事務センター」「サービスセンター」というような名前で書いてあるため、バレにくいです。また銀行系であれば、銀行の名前なので「カードローン」だと思われません。

銀行カードローンの場合でも、家族や同居人に聞かれた際の言い訳だけ用意しておきましょう。

例えば「ネット銀行の資料請求した」、「会社の付き合いでクレジットカード作った」

ローンカードがないとATMでの借り入れができないため、うまくかわす必要があります。

それでも不安な方はアイフルカードローン「ローンカードの配達時間指定」、SMBCモビットカードローン「WEB完結」やお手持ちの銀行のキャッシュカードにローンカード機能が付与される「みずほ銀行カードローン」「イオン銀行カードローン」、銀行の店舗のテレビ窓口でローンカードを受け取れるカードローン「三菱UFJ銀行カードローン」を利用するのがいいでしょう。

ローンカードの配達時間を指定できるカードローン

アイフルカードローン

ローンカードの送付が必要ないカードローン

SMBCモビットカードローン

キャッシュカードがローンカード代わりに使えるカードローン

みずほ銀行カードローン

イオン銀行カードローン

店舗でローンカードが受け取れるカードローン

三菱UFJ銀行カードローン

4.自宅への利用明細書の郵便物

利用明細書はほとんどのカードローンでWEB明細への移行が行われています。WEB明細であれば、送付される心配はありません。

利用明細書の送付の有無を選べる金融機関が多いので、念のため利用時に確認しておきましょう。

5.滞納時の自宅への電話

きちんと期日までに返済することが基本です。返済が遅れることが2回続くと電話確認が入ることが多いです。ただし、基本的にはプライバシーに配慮して、はじめに連絡登録をしている携帯電話の方にかかってきます。しかし、悪質な場合は自宅への電話連絡が入ることもあります。

もちろん、はじめの申し込み時に携帯電話だけにしておけば、上記のリスクはなくなりますが、カードローンの審査では携帯電話のみを記入する人よりも、固定電話を記入した人の方が信用スコアが高くなるのです。ですので、審査は通る自信がある方で家族にバレたくない方は、はじめの申し込み時から携帯電話のみの登録にするといいでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です