カードローンと借入件数の関係

カードローンと借入件数の関係

カードローンの借入件数と審査にはある関係があるのです。カードローンの審査が通らない方には、ぜひ知っておいてほしい情報です。

カードローンと借入件数の関係

さて、突然ですが下記の場合はどちらが審査は通りやすいのでしょうか?

  1. 1社から100万円の借入があるAさん
  2. 5社から10万円ずつ計50万円の借り入れがあるBさん

答えは、1のAさんの方が審査が通りやすいのです。

もちろん、銀行や消費者金融によって違いはあるのですが、多くの場合は、Aさんの方が信用度が高いと判断されます。これはなぜなのでしょうか?

一般的に、カードローンの申込を受けたら、銀行や消費者金融は信用情報機関に個人信用情報を照会します。このときに「誰がいくら、どこから借りていて返済状況はどうなっているのか?」がわかります。

その時に気にするのは、「他の金融機関は、この人に対してどういう与信をしているのだろうか?」ということなのです。横並び社会の日本を象徴するかのように、審査の段階でも「他はいくら貸してるのか?」がポイントになるのです。

5社から10万円ずつ計50万円の借り入れがあるBさんは、10万円しか枠をもらえなかった人、しかも5社とも同じ与信状況の人とジャッジされます。

1社から100万円の借入があるAさんは、1社から100万円の枠をもらえた人、と判断されるのです。

そう考えると、合計借入額はAさんの方が2倍多いのですが、信用状況で考えると5社に低い評価をされたBさんの審査の方が厳しくなるのは、容易に想像ができます。裏を返せば、なかなか審査が通らない方は、借入件数を減らす努力をしてから申し込めば審査通過の可能性が高まると言えるでしょう。

 カードローンの借入件数の減らし方

カードローンの借入件数を減らす方法は

金利が高くて、借入額が少ないカードローンから完済していくこと

ほぼ、これがすべてと言っていいでしょう。ポイントいは借入額の少ないカードローンから繰り上げ返済を利用しながら完済までこぎつけることです。それを繰り返すことで借入件数を減らしましょう。ただし、完済をした時には「解約」まで完了させなければなりません。

また、おまとめローンやのりかえローンを利用するという方法もありますが、これは他社借入件数が多すぎると審査に通らないため、上記の方法で借入件数を3件まで減らしてから申し込むようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です