カードローン賢い返済方法

カードローン賢い返済方法

カードローンやキャッシングを利用していれば、返済が厳しいという時も出てくるでしょう。カードローンの返済額は、上手に工夫すれば減らすこともできるのです。そんな時の返済方法について解説します。

カードローンの賢い返済方法

カードローンの返済が苦しい場合は、まずは使っているお金を削減することからはじめましょう。収入を増やすのは数gにできることではありませんが、出費を抑えることはすぐにできるのです。

1.固定費を見直す

返済のためには、使っている固定費を見直しましょう。例えば、新聞の定期購読、スポーツクラブ、インターネット、マンガ、映画など月額制のサービスが増えている現状だからこそ、返済が完了するまでは固定費を一旦削減しましょう。毎月かかっている固定費を節約できれば、それをそのままカードローンの返済に回すことができるので非常に返済が楽になるのです。

2.携帯代を見直す

携帯のプランを見直しましょう。今は、ウィルコムなどで500回まで10分以内ならどのキャリアにかけても無料など格安プランが多くあります。携帯費用の見直しも検討すべきです。

3.保険を解約する

生命保険や、貯蓄性年金なども、解約して余裕が出来たら再度別の保険に入る形にしましょう、まずは返済が優先です。

4.家計簿アプリを利用する

家計簿アプリに食費や雑費などの費用をいれて、返済が完了するまででも構わないので、家計簿をつけて支出を管理しましょう。思っていたよりも、無駄なものにお金が使われているケースがあります。

5.まずは、返済優先の家計に

どうしても給料が入ったタイミングで、欲しかったものを購入したり、同僚と飲みに行ったり、してしまうことがあるのではないでしょうか?そうならないためにも、口座振替を利用し、口座に入金があったらすぐに返済にまわるように返済方法を変更しましょう。自信の意思をコントロールできない場合は、先に返済に回してしまうのが、確実な返済のコツです。

 6.車を売却する

自動車は、保険代から税金、ローン、駐車場代、ガソリン代と家計を圧迫する代表のものです。カードローンの返済に行き詰まっているのであれば、早々に査定に出して売却し、毎月の家計を健全な状態に戻しましょう。

7.カードローンの借り換えをする

高い金利のカードローンを低い金利のカードローンに移行することをカードローンの借り換えと言います。低い金利のカードローンで借りたお金で高い金利のカードローンを完済する方法です。今は、低金利のカードローンが続々と登場してきているので、低金利のカードローンにダメもとで申し込んでみるのも賢い方法と言えるでしょう。また、借り換え専用のローンも検討してみてはいかがでしょうか。

借り換えカードローンランキング

8.おまとめローンで返済額を削減する

おまとめローンとは、複数の借入をひとつにまとめることのできるローンのことです。このおまとめローンは一つにまとまった方が手間が省けるというだけのローンではありません。上限金利が非常に低くおさえられているので、複数の債務をまとめると同時に金利を低金利にすることができ、返済額が削減される可能性が高いのです。ただし、1点だけ注意すべき点があります。おまとめローンはカードローンと違って、まとめたら基本的には返済するのみで新たな借り入れをすることはできないのです。

おまとめローン 東京スター銀行おまとめローン

9.節約できたら、繰り上げ返済でカードローンの完済を目指す

上記にあげた方法などで、うまく節約できたら、なるべく繰り上げ返済をしましょう。繰り上げ返済をすると将来の金利がかかる元本が減るため、総返済額が削減できることになるのです。

繰り上げ返済がお得な理由


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です