上限金利が低金利のみずほ銀行カードローンがおすすめの理由

上限金利が低金利のみずほ銀行カードローンがおすすめの理由

消費者金融が主流だったキャッシングサービスを銀行カードローンとして大々的にサービス提供を行っていたパイオニア的存在がみずほ銀行のカードローンです。「審査が絶対に通るもの」と仮定した場合に、編集部がおすすめする一番のカードローンと言っても過言ではありません。では、みずほ銀行のカードローンのおすすめ理由とはどういうものがあるのでしょうか?

1.カードローンは上限金利がすべて。上限金利が一番低金利なのが「みずほ銀行カードローン」

メガバンクの中では一番低金利なのが「みずほ銀行カードローン」なのです。

銀行カードローンに限らずカードローンは500万以上借りれば5.0%というような金利設定になっていることも多いですが、この金額を借りられる人は年収3000万とか、資産が数億円とか、人口でいえば0.01%ほどの人でしかないのです。普通に利用する100万円未満の金額の場合、設定される金利は上限金利に近い金利になるため、「上限金利が低金利=適用される金利が低金利」という形になるのです。

だからこそ、信頼性が高いメガバンクの中で一番上限金利が低金利の「みずほ銀行カードローン」がおすすめと言えるのです。

2.みずほ銀行の口座があれば、郵送不要

みずほ銀行の口座をお持ちの方はどれだけいるのでしょうか?

古いデータですが、2007年の実績数値で2600万口座と言われています。単純計算すれば4人に1人はみずほ銀行の口座を持っていることになり、法人取引も10万社以上と多いため給与の振込口座としても口座を持っている方が都心部を中心に多いと思われます。

みずほ銀行の口座を持っているということは、キャッシュカードを持っているということです。みずほ銀行のキャッシュカードがあれば、カードローンに申込み後、そのキャッシュカードがカードローン機能を持つように変わるのです。

スピードはもちろん、郵送などの手間なくインターネットで申込をすれば、すでにお財布の中に入っているキャッシュカードで借り入れが可能になるため、非常に便利な機能と言えます。家族にカードローンの利用を知られたくないと考えている方でも郵送や来店がなければ安心して利用することができるでしょう。

まとめ

「みずほ銀行のカードローン」はカードローンを利用することを検討しているのであれば、1人1枚は持っておきたいカードローンです。

みずほ銀行の預金口座をすでに持っている方であれば、キャッシュカードをそのままローンカードとして利用できるため、また郵送の必要がないため、家族や友人、同僚にばれる可能性が非常に少なくなります。

また、上限金利がメガバンクで一番低金利であるため、利息の返済負担が抑えられます。利便性も高いため、1人1枚は持っておきたい総合力の高いメガバンクのカードローンと言えるのです。

{article 26}{text}{/article}


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です