カードローン申込前チェック

カードローン申込前チェック

カードローンの申込の前に、ここだけはチェックしておきましょう。ここをチェックしておくかどうかでカードローン申し込み時の審査の通りやすさが変わってきます。

カードローン申込前にチェックしておきたいポイント

1.使っていないクレジットカードは解約しておく

使っていないクレジットカードがある場合は、解約しておきましょう。使っていなくても、キャッシング枠やショッピング枠があれば、いつ使われるかわからないと判断されるため、審査にマイナス評価です。

2.申込は半年間に3社まで。同じ種類のカードローンに申込しない

カードローンへの申込は、半年間に3社までです。これ以上のペースで申込んでしまうと、申込ブラックと判断され4社目以降は審査が通る可能性は非常に少なくなります。つまり、どうしてもカードローンを利用してお金を借りたいと考えているのであれば、3社とも違う種類のカードローンにしなければなりません。なぜなら3社とも金利の低い銀行カードローンで揃えてしまったら、審査基準順が似通っているため全滅して結局1社からも借りれない可能性が高まるのです。

銀行カードローン、信販系カードローン、消費者金融系カードローンと審査基準のことなる違う州ルイのカードローンに申込むことが重要です。

3.無利息期間が利用できないか?再度確認

短期間の借り入れならば、まずは無利息期間が用意されているカードローンが利用できないか、どうか?確認しましょう。30日以内に返済するメドがあるならば、こちらの方が断然お得なのです。

無利息カードローンランキングはこちら

4.他社の借入の金額は正確に把握しておく

審査で大きく評価を落とされるのは、虚偽の深刻です。いわゆる「ウソの申告」です。なぜなら、金融機関はあなたのすべての借り入れ状況を信用情報ネットワークを利用して把握することができるからです。ウソはばれてしまうのです。しかも、お金の貸し借りで信用を判断しているため、ウソをつく人は信用できないという判断になってしまうのです。

この金融機関で共有される信用情報には時効がありますが、現在の他社借入状況はすべて把握されています。この情報と申込フォームに記入された情報が食い違っていたら、嘘をつく人と判断され、信用が著しくマイナスになるのです。これだけで審査に落ちてしまうことも多々あります。申込のときにはなんとなくで他社借入金額や他社借入件数を決めるのはやめましょう。一度確認して、正確な数字を把握するべきです。

5.金利は借入希望額の金利で比較する

カードローンの金利を「5%~18%」というような幅のある状態で「下限金利の5%」だけを見てカードローンを決めるのはやめましょう。カードローンの金利というのは、借入額によってバラバラなのです。カードローンを比較検討する際には、借入希望額での適用金利で比較することをおすすめします。

6.毎月の返済額を確認しておく

カードローンは、残高に応じて毎月の最低返済額が決まってきます。これは最低返済額なので、これ以上返済するこも可能です。毎月の最低返済額で返済を続けても構わないのですが、これだと完済までの期間が延びてしまいます。まずは、自身で返済できる毎月の返済額と、どのくらいで完済したいのがを、当サイトの返済シミュレーターを使って確認してから申込と計画的な返済が可能になります。

返済シミュレーションはこちら

7.借り換え、おまとめ目的なら、専用のおまとめローンがベスト

カードローンを利用する際に、おまとめ目的、借り換え目的で借り換える方がいます。もちろん、カードローンというのは使途自由、何に使ってもいいよ。というローンなので、すべてのカードローンはおまとめ利用や借り換え利用が可能です。しかし、他社のローンの借り換えやおまとめ利用で申し込むとどうしても審査が厳しくなったり、金利が高くなってしまうケースが多いのです。借り換え利用やおまとめ利用の場合は、一般的なカードローンではなく、専用の借り換えローン、おまとめローンを利用することを心がげましょう。

おまとめローンランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です