リボ払いは本当に便利?

カードローンのリボ払いは本当に便利?

最近、CMなどでもカードローンのリボ払いを押しているCMが増えています。クレジットカードなどでのリボ払いには、馴染みがあるかと思いますが、カードローンのリボ払いは本当にお得なのでしょうか?

カードローンは残高スライドリボルビング方式が主流

そもそもリボ払いとは、リボルビング払いとも呼ばれ、毎月あらかじめ指定した一定額を返済してゆく方式のことを指します。今は、ほとんどのカードローン会社で残高スライドリボルビング方式という返済方式がとられることが多く、これもリボルビング払いの一種になります。

通常の分割払いの方式は、何回かに分けて返済する方式なので、回数によって一回の返済に必要な返済額が決まります。借入額によって返済額も比例して増加するため、大きな金額を借りると返済額も大きくなり、借りにくくなってしまいます。

しかし、残高スライドリボルビング方式というのは、借入残高に応じて毎月の分割払いの返済額が決まる方式なのです。簡単にいえば、返済が進めば進むほど、借入残高が減るので返済しなければならない毎月の最低返済額はどんどん下がっていくのです。

残高スライドリボルビング方式は最低返済額が少なくて済む

残高スライドリボルビング払いであれば、大きな額を借り入れても、借入残高が少なければ返済額が少ないため、大きな金額の借り入れがしやすい返済方式といえるでしょう。多くのカードローンで「10万円借りても毎月の返済額は2000円で大丈夫」といった宣伝はこの方式をさしています。10万円を借りても2000円毎月返すだけでいいというのは非常に少ない返済額でOKということなのです。

しかし、注意が必要なのが、この返済方式は、元本と利息の利息部分から充当される方式であるため、少額の最低返済金額のみを支払っていても、なかなか元本が減らず、気がついた時は想像していた以上に長期間返済を続けていたということにもなりかねません。

また、残高に比例して返済額が少なくなっていくこの仕組みは、残高が減ってくれば減ってくるほど、毎月の最低返済額が少なくなってくるため、返済の負担は少ない一方、完済までに時間がかかってしまうのがデメリットです。

さらに、利用している本人も、実際の利息額、元本の返済による減少状況などを細かくチェックしているわけではないので、いくら借りているかがわからなくなってしまうこともあります。借りやすく、便利なリボルビング方式ですが、実際の最低返済額よりも多く返済することと、元本の減り具合を確認しながら返済計画を立てることが重要でしょう。

残高が減ってきたら、繰り上げ返済によって一気に返済するのも検討すべきです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です