債務整理後のカードローン利用

債務整理後のカードローン利用

債務整理をしたらカードローンの利用は可能なのでしょうか?ここでは債務整理や自己破産とカードローンの新規利用について解説します。

債務整理をすると個人信用情報に記載される

債務整理をすると個人信用情報の返済状況の欄には「異動」という記載がされます。これは3ヶ月以上の遅れがある場合や自己破産、民事再生の確定の場合に表示されるものです。

個人信用情報の返済状況に「異動」という情報が付いている場合、新しいカードローンの審査はほぼ通らないと言っていいでしょう。債務整理をしたことで掲載される「異動」というマークは、契約完了日から5年を経過すると個人信用情報から末梢されます。

つまり、債務整理をしても契約完了日から5年を経過するとカードローンの審査が通るようになるのです。

債務整理後5年を経過しても審査が通らない場合

  • 他の信用情報が残っている場合
  • 収入などカードローンのそもそもの審査条件をクリアしていない場合
  • 自己破産や個人再生(民事再生)など破産を伴う債務整理をしている場合
    (※官報に7年破産情報が登録される。また銀行の信用情報期間では10年破産情報が登録されるため、10年が必要になります。)
  • 債務整理をしたカードローン会社の系列会社などでは、5年経過後も審査に通らないケースがあります。信用情報とは別に会社の中の債務整理情報が残っている可能性があるからです。この場合は、ほかのカードローンを申し込みましょう。

債務整理をした方がカードローンを作るための方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です