債務整理をした方のカードローン

債務整理をした方のカードローン審査

債務整理(任意整理、自己破産、個人再生、民事再生、過払い金返還請求、特定調停)などをしてしまった人は、一生カードローンを利用することはできないのでしょうか?ここでは債務整理をした方のカードローン利用について解説します。

債務整理をしていてもカードローンは作れる

債務整理(任意整理、自己破産、個人再生、民事再生、過払い金返還請求、特定調停)をした方でも、カードローンを作ることは可能です。

では、どういう点に注意すればカードローン審査に通ることができるのでしょうか?

基本的にカードローン会社は債務整理をした人には審査を通したくないもの

まず、大前提を把握しておく必要があります。

債務整理をするということは、カードローン会社にとっては「貸したお金が全額返ってこなかった。」ということを意味しているのです。

つまり、カードローン会社は「過去に債務整理をしたことがある方にはカードローンを利用してほしくない。」と考えています。これが本音です。

じゃあ、なんで債務整理をした人でもカードローンが作れるの?

と思う方も多いと思いますが、これはカードローン会社が債務整理をしたという過去を把握できないケースがあるからなのです。

債務整理をした経験があるとわかったら、カードローン審査にはほぼ通らないのです。

では、カードローン会社はどうやって債務整理の過去を調べるのでしょうか?

カードローン会社が債務整理の過去を調べる方法

個人信用情報を照会する

個人信用情報には債務整理をすると「異動」というマークがつくことになります。この「異動」という情報は、契約終了後5年間は情報が掲載され続けるため、5年間であればカードローン会社はその人が債務整理をしたかどうかを知ることができるのです。

逆に言えば、5年間を過ぎれば個人信用情報には債務整理をしたかどうかの情報は消えてしまうということになります。

自社のデータベースを照合する

自社、またはグループか自社のデータベースにも、顧客の状況は記録されていきます。当然、自社のものなので個人信用情報にあるような情報掲載期限というものは存在しません。

つまり、半永久的に債務整理の過去はカードローン会社のデータベースに残っているのです。しかし、これは債務整理をした対象の債権を持っていたカードローン会社だけが知ることのできる情報です。

債務整理の対象になっていないカードローン会社には債務整理の事実は残らないのです。

官報の情報を調べる

官報というのは、自己破産、個人再生をした場合に掲載えれる公的なお知らせです。都道府県庁所在地にある「官報販売所」で販売され、ネット上でも、無料であれば過去30日間分、有料であれば全期間分閲覧が可能です。

また、官報の情報をデータベース化して金融機関に販売する業者もいるのです。この場合半永久的に自己破産や個人再生の事実が把握されてしまいます。

つまり、債務整理と一言で言っても、それが任意整理なのか、過払い金請求なのか、自己破産なのか、で情報のばれ方が違うということになります。

個人信用情報が30歳を過ぎて真っ白だと警戒する

債務整理をした場合には、新規のカードローンやクレジットカードの審査が通らなくなるため、5年間は最低でも個人信用情報が真っ白になってしまいます。30歳を過ぎれば、なんらかのローンやクレジットカードを作っているのは当たり交ぜなので、逆に何の情報を持っていないと債務整理をした方なのではないか?と警戒してカードローン審査に落とすことがあるのです。

債務整理をした方がカードローンを作るために取るべき方法

1.債務整理から5年間待つ

これは仕方がありません。債務整理をしてから5年間はローンの利用をせずに待ちましょう。

2.端末料金分割払い方式を採用している携帯電話を利用する

個人信用情報が真っ白だと警戒されてしまうため、審査がほぼ通る端末料金分割払い方式を採用している携帯電話を作ります。端末料金の分割払いもローンの一種なので個人信用情報に掲載され、真っ白な状態ではなくなるのです。

3.6か月間携帯料金を支払いを遅延なく行う

契約した携帯料金を6か月間遅延なしで返済し続けます。返済実績という狙いになります。

4.半年に3社のペースで債務整理と関係のないカードローンに申込む

6か月分の返済実績をつくったら、カードローンが作れるまで半年に3社のペースでカードローンに申込み続けます。半年ごとに返済実績も積み上がっていくため、あきらめずに申込み続ければ作れるカードローンがでてきます。

注意したいのは債務整理の対象となったカードローン会社の場合は、自社でデータを保有されているため審査に通らないということです。グループ会社も同様です。まったく債務整理と関係のないカードローンに申込む必要があります。

また、はじめのカードローン申込みでは希望する限度額は10万円ほどの低額に設定すると審査が通りやすくなります。

消費者金融カードローンの人気ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です