最短30分審査回答・最短即日借り入れが可能なカードローンまとめ

最短30分審査回答・最短即日借り入れが可能なカードローンまとめ/画像saitankanou matome 1
最短30分審査回答・最短即日借り入れが可能なカードローンまとめ/画像salaryman aseri 336 squ
man
「急な出費で、今日中にお金を用意しなければならない!」

そんな時に頼りになる、即日融資が可能なカードローンをご紹介いたします。

即日融資が可能なカードローンは、実際にいくつか存在しています。

でも、即日融資というのは最短での融資、全てがスムーズに進んだ上でないと可能になりません。だれでも、どのような状況でも可能という訳ではありません。

そのための注意点などもあわせてご紹介したします。

目次

銀行のカードローンは即日融資ができない

最短30分審査回答・最短即日借り入れが可能なカードローンまとめ/画像biz office1728
2018年1月より、銀行カードローンの即日融資は不可能になりました。

いままで即日融資をキャッチコピーにしていた銀行もありましたが、反社会的勢力との関係遮断という目的のため、仕組み的に不可能になってしまいました。

カードローンの紹介記事などで、まだ銀行のカードローンが即日融資に対応している記事が残っていますが、それは古い情報なので注意が必要です。

「即日審査」でその日の内にカードの発行は可能な場合もありますが、融資の実行は翌営業日以降になります。

銀行のカードローンが即日融資できなくなっても、アコムとかプロミスなどの消費者金融のカードローンなら即日融資が可能です。

急ぎでその日の内に資金が必要な方には、消費者金融のカードローン一択になります。

消費者金融のカードローンもスマホアプリを開発したり、AIを導入するなど進化が進んでいます。

即日融資を受ける手順もいろいろなパターンがありますので、詳しく説明いたします。

カードローンの即日融資申し込みの注意点

最短30分審査回答・最短即日借り入れが可能なカードローンまとめ/画像kiken728

カードローンで即日融資を受けるための注意点や条件、準備するものなどのポイントを見ていきます。

即日に融資を受ける場合は、全ての手続きが問題なく進まなくてはなりません。

結果的に翌日やそれ以降の融資になってしまっては、銀行のカードローンでも良かったということになってしまいます。

必要な書類や条件など、事前に知っておけば、手続きをスムーズに進めるために有利になります。

即日融資が受けられない可能性がある条件

即日融資を受けるためには、消費者金融カードローンに申し込むのですが、消費者金融の場合は貸金業法の総量規制の制限があります。

状況によっては、融資審査が通らない可能性があります。

あるいは融資が受けられるとしても、審査が慎重になって時間がかかるために、即日融資ができない可能性もあります。

年収の1/3以上の借入れがある

貸金業法の総量規制では、融資申し込み時点で、借入額の合計が年収の1/3を超えてしまう、新たな融資を禁じています。

この計算の対象になる融資は、

  • 「消費者金融のカードローン」
  • 「クレジットカードのキャッシング」
  • 「消費者金融でのおまとめローン」

などです。住宅ローンや自動車ローン、銀行からの借入れ(カードローン含む)やクレジットカードのお買い物の残高などは対象になりません。(カード会社によっては、銀行のカードローンも借入額の合計に含ませるところもあります。)

対象になる借入の残高合計と、新たに借入を申込む金額の合計が、年収の1/3を超える場合は融資の審査に通らない可能性が高いです。

また、融資申込額を低く設定して年収の1/3以内にした場合でも、限度ぎりぎりになってしまうような場合は審査が慎重になり、即日融資が受けられない可能性がありますのでご注意ください。

無職、専業主婦、学生の場合

融資額を年収の1/3以内に制限する総量規制があるため、収入が無い場合は融資審査には残念ながら通りません。

しかし、パートやアルバイトの勤務歴がある程度あり、収入が安定してある場合は審査に通る可能性があります。

他社の借入件数

年収の1/3に納まる場合でも、申込み前の段階で借入が件数が3件以上ある場合は、審査は厳しくなる可能性があります。

カードローンの会社にもよりますが、融資申し込み時点で4件以上借入がある場合、融資が受けられない可能性もあります。

申込み画面での入力に間違いがある、あるいは嘘の申告をした場合

住所や電話番号など、入力にミスがあると審査は通りません。

また、借入件数や金額に嘘の数値を入れた場合も、信用情報調査でばれてしまいますので、審査には通らなくなります。

信用情報に問題がある

過去にカードローンやクレジットなどの返済を3カ月以上滞納したり、自己破産や任意整理などの債務整理をした場合は、信用情報に記録が残っているため、融資審査に通りません。

気を付けなければいけないのが、携帯の料金で機種の分割払いをしている場合に、短い期間でも1年間で3回以上支払の遅れがある場合は、融資を受けられなくなる可能性が出てきます。

即日融資を受けるために必要な書類

即日融資を受けるためには、必要な書類が手元にそろっている必要があります。

最短30分審査回答・最短即日借り入れが可能なカードローンまとめ/画像teacher point 336 squ
teacher
スムーズに手続きが進むように事前に順次しておきましょう。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証

のうちいずれか1つです。運転免許証が一番確実です。学生の方は学生証、外国籍の方は在留カードまたは、特別永住者証明書も用意しておいた方が良いでしょう。

国民健康保険証しか用意できない場合は、住民票も求められる場合があります。

収入証明書類

50万円以上の借入限度額を希望の方、あるいは希望の借入限度額と他社の借入残高と合計が100万円以上の方は収入証明書が必要になります。

直近の源泉徴収票、または直近2~3カ月分の給与明細、所得証明書のいずれかで、自営業の方は直近の確定申告書を用意しましょう。

社会保険証、直近の給与明細、社員証

これらの書類は免許証があれば、通常は審査には使用しません

土日や夜間の申込で、在籍確認が必要になった場合、電話での在籍確認の代用の書類として使える場合がありますので、可能であれば用意しておく方が良いでしょう。

モビットの「Web完結申込」は、社会保険証(または組合保険証)が必要になります。

即日融資を受けるための申込タイミング

最短30分審査回答・最短即日借り入れが可能なカードローンまとめ/画像timeclock 728

即日融資を受けるのには、早目の時間に申込むのも重要です。

特に振込で融資を受ける場合には、申込みのタイミングに注意しましょう。

振込で即日融資を受ける場合は14時までに手続きを完了

銀行振込で融資を受ける場合は、当然ですが銀行の営業時間内に手続きが完了していないと、当日中に振り込まれることはありません。

平日の14時30分までに完了していればOKのところもあるようですが、大事を取って審査などの手続きから融資の申込まで全てが14時までに完了するように、逆算して、できれば午前中に申し込みを始めることをお勧めします。

自動契約機で即日融資を受ける場合は土日でもOK

自動契約機で融資を受ける(カードを発行する)場合は、土日祝日や銀行の営業時間を過ぎていても、即日融資を受けられます。

最短30分審査回答・最短即日借り入れが可能なカードローンまとめ/画像teacher point 336 squ
teacher
手続きを早く済ませるには、事前にインターネットから申込みをして、審査を済ませてから自動契約機でカードを発行すると手続時間が短縮できます(会社によって多少手順が異なります)。

自動契約機で即日融資を受けるためのポイント

土日祝日や平日でも、14時近くなってしまった場合に即日融資を受けたい場合は、自動契約機か後でご説明するスマホATMで申込む必要があります。

自動契約機に行く移動時間や、駐車場を探したり、万が一先客がいたり、審査が混み合っている場合の待ち時間なども考慮して、余裕を見たスケジュールで行動しましょう。

特に土日や夜間は混み合うこともあるようですので、1~2時間は余裕を持って行動した方が良いでしょう。

自動契約機での初回申込手続きにかかる時間は30分程度から、長いと1時間ほどかかる場合もあるようです。

ATMでお金を引き出す感覚でいると、予定が狂いますのでご注意ください。

事前にインターネットで申込みを済ませることで、自動契約機での申し込みの時間を短縮できる場合があります。どの段階までインターネットで手続きを済ませるかは会社によって多少異なりますので、カード会社に直接お問い合わせください。
業者名自動契約機の営業時間等
アコム自動契約機(むじんくん)8:00~22:00
即日融資は遅くとも21:30までに申込を完了させる
※一部店舗は営業時間が異なります
プロミス自動契約機 9:00~22:00
即日融資は遅くとも21:00までに申込を完了させる
ATMコーナー 7:00~24:00
※一部店舗は営業時間が異なります
アイフル自動契約機(てまいらず) 8:00~22:00
即日融資は遅くとも21:00までに申込を完了させる(早目が良い)
※一部店舗は営業時間が異なります
レイクALSA平日・土曜日 8:00~24:00
日曜日・祝日 8:00~22:00
初回申込で即日融資の場合 8:00~22:00
(第3日曜日 8:00~19:00)
混み合う場合があるので21:00までに完了するようにしましょう
※一部店舗は営業時間が異なります
モビット自動契約機 8:00~21:00
※審査に1時間以上かかる場合があるようです
※一部店舗は営業時間が異なります

※営業時間は店舗によって異なる場合があります。ホームページで確認してください。

スマホATMで即日融資を受ける場合

最近一部の業者で始まったサービスです。

スマホアプリで新規申し込みから追加融資の申込や残高の確認など、色々な取引ができるようになりました。

現時点(2018年9月)では、4社の消費者金融業者がセブン銀行(セブンイレブン)のATMを使ってスマホで融資を受けられます(SMBCモビットは新規申込に対応しておりません)。他のコンビニATMでは利用できませんのでご注意ください。

カードも不要で、原則365日24時間ATMで取引できるので大変便利です。

今後はこのようなサービスが主流になってくるのかもしれません。

本人確認書類もスマホで撮影してアプリから提出ができ、運転免許証を読み込むことで本人情報の入力が省略できるものもあります。

また、生体認証ログインが使えるものもあり、セキュリティーも安心です。

なお、プロミスに確認したところ、まだ始まったばかりのサービスですが需要が多いようで、受付のキャパシティーを超えてしまうことがあるようです。

最短30分審査回答・最短即日借り入れが可能なカードローンまとめ/画像teacher point 336 squ
teacher
特に土日や夜間は混み合うようなので、夕方の早い時間帯までに申込むようにした方が良さそうです。

審査さえ終われば、セブン銀行のATMで24時間出金可能です。

業者名スマホATMの機能、内容
プロミス初回申込で即日融資が可能な時間帯
すいている場合で20時頃まで、混雑時は16時頃まで
*審査可能時間:9:00~21:00(実際には上記時間)
アイフル初回申込で即日融資が可能な時間帯
混んでいる場合や条件によっては時間がかかるので、早目(午前中とか)に申し込みを完了する
*審査可能時間:9:00~21:00(実際には上記時間)
レイクALSA初回申込で即日融資の場合の条件
「Web契約(郵送なし)でご契約いただき、20時までに必要書類の確認まで完了されたお客さま。」
*審査可能時間:8:10~21:50(実際には上記時間)

※新しいサービスなので受付時間などの変更、他社でも始まる可能性があります。
※SMBCモビットでもスマホATMが使えますが、アプリからの新規申し込みはできません。

カードローンの即日融資での在籍確認はあるのか

最短30分審査回答・最短即日借り入れが可能なカードローンまとめ/画像denwataiou 728

カードローンの申込審査で原則として避けて通れないのが「在籍確認」です。

入力された勤務先に、本当に在籍しているのかを電話で確認する原則必須の手続きです。

最短30分審査回答・最短即日借り入れが可能なカードローンまとめ/画像salaryman hatena 336 squ
man
「土日や夜間の申込で在籍確認が必要になる場合は、どうするのでしょうか?」

SMBCモビットの「Web完結申込」は在籍確認不要

大手消費者金融の中で、おそらく唯一「在籍確認不要」をうたっているのが、SMBCモビットです。

一定の条件を満たしていれば、本人確認や在籍確認の電話連絡が不要になります。

また原則カードレスなので、郵送物もありません。融資の方法は指定の銀行振込のみになります。(電話確認が必要になる場合もあります)

SMBCモビットの「Web完結申込」の条件

  • 社会保険証または組合保険証を持っていること。(勤務先が記載されている保険証)
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていること。

上記二つの条件を満たしていて、審査で問題が無いことが条件になります。

在籍確認の電話は原則必須

勤務先に本当に在籍しているかどうかは、お金を貸す側から見れば大変重要な項目です。

基本的にはモビットの「Web完結申込」以外は避けて通れません。できるだけ勤務先に確認が取れる時間帯に申し込みをしましょう。

在籍確認の電話は個人名でかけてきます。決して消費者金融の社名は言いませんので、会社にバレるようなことはありません。

しかし、土日や夜間に借入したい場合や、勤務先が個人情報を一切明かさない場合、あるいはどうしても勤務先に電話をしてほしくない理由がある場合は、思い切って相談してみましょう。

最初の申込の後にかかってくる受付完了の電話や、同じく受付完了メールに記載のフリーダイヤルに電話をしてその旨を相談すれば、確実ではありませんが、電話に替えて書類での確認にしてもらえる可能性はあります。

必要な書類は各社で異なりますので、電話で相談する際に確認をしましょう。

在籍確認電話の代わりになる可能性のある書類

  • 社会保険証または組合保険証(勤務先が記載されている物)
  • 直近の給与明細
  • 社員証(写真付)

どれかひとつではなく複数用意した方が良いと思われます。

即日融資が可能なカードローンをご紹介

最短30分審査回答・最短即日借り入れが可能なカードローンまとめ/画像check woman 728

プロミス

  • 実質年率:4.5%〜17.8%
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間
  • 利用限度額:1万円~500万円
  • 初回無利息期間:あり
  • スマホATM:対応

特徴

  • Web完結で申し込み可能(カードなし)
  • 初回ご利用日の翌日から30日間無利息(メールアドレスの登録及びWeb明細利用が無利息の条件)
  • 自社及び三井住友銀行の提携ATMなら手数料無料
  • 「スマホATM」ならセブン銀行ATMで原則24時間365日融資可能

即日融資のポイント

  • Web完結で申込みの場合は「フル入力」で申込み
  • スマホATMからの新規申込は土日夜間は混み合うので早目の申込を
  • 自動契約機からは遅くとも21:00までに申込を完了させる
  • Web完結で申込み:契約方法の選択時に「Web」を指定、口座振替による返済
  • (後日カード発行や返済方法の変更は可能)

プロミス」の公式サイトはこちら

アコム

  • 実質年率:3.0%~18.0%
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間
  • 利用限度額:1万円~800万円
  • 初回無利息期間:あり
  • スマホATM:なし

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 契約日の翌日から30日間無利息無利息の条件:返済期日「35日ごと」で契約時のみ

即日融資のポイント

  • Web完結で申し込み可能
  • 自動契約機(むじんくん)なら8:00~21:30までに申し込み
  • 自動契約機での申込みの場合は事前にインターネットから受付完了すれば時間短縮できる
  • スマホATMには不対応

アコム」の公式サイトはこちら

アイフル

  • 実質年率:3.0%~18.0%
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間
  • 利用限度額:800万円
  • 初回無利息期間:あり
  • スマホATM:対応

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 契約日の翌日から30日間無利息

即日融資のポイント

  • Web完結で申し込み可能
  • インターネットで申込みの場合は受付完了後にフリーダイヤルで「急ぎ」と伝える
  • スマホATM対応:アプリから新規申し込み可能(早目の申込が望ましい)

アイフル」の公式サイトはこちら

レイクALSA

  • 実質年率:4.5%〜18.0%
  • 実質年率:12.0%〜18.0%※
  • 審査時間:最短即日
  • 融資時間:最短即日
  • 利用限度額:1万円~500万円
  • 利用限度額:1万円〜200万円※
  • 初回無利息期間:あり
  • スマホATM:対応

※180日無利息の場合は年率、限度額が制限されます

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • 契約日の翌日から30日間無利息または、5万円までの借入れが初回契約日の翌日から180日無利息(5万円超借入の場合は5万円迄の部分が無利息)
  • 15万円程度までで1年以内に返済できるなら「180日無利息」で低金利融資が可能
  • ATM手数料がかからないのも魅力

即日融資のポイント

  • スマホATM(アプリ)で新規申込みの場合は20時までに必要書類の確認まで完了させる
  • 自動契約機からの初回申込で即日融資の場合は8:00~22:00(第3日曜日8:00~19:00)
  • 混み合う場合があるので21:00までに完了できるようにする

レイクALSA」の公式サイトはこちら

SMBCモビット

  • 実質年率:3.0%~18.0%
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短即日
  • 利用限度額:1万円~800万円
  • 初回無利息期間:あり
  • スマホATM:対応※

※新規申し込み時にはできません(カード発行後に手続き)

特徴

  • Web完結で申し込みなら在籍確認なし(条件あり)
  • カードレスなら郵便物もなし
  • Tポイントが貯まるTカード機能付きも選択可能

即日融資のポイント

  • Web完結で申し込みの場合は「社会保険証」または「組合保険証」及び三井住友銀行、三菱UFJ銀行、
  • ゆうちょ銀行のいずれかの口座が必要
  • 上記の条件がそろわない場合は、インターネットで受付完了後にフリーダイヤルで「急ぎ」と伝えると
  • すぐに審査が始められる(連絡しないと1時間以上かかる場合あり)
  • 自動契約機(8:00~21:00)は審査に時間がかかる場合があるので注意
  • スマホATM(アプリ)は対応しているが新規申し込みはできない

SMBCモビット」の公式サイトはこちら

J.Score

  • 実質年率:0.8%~12.0%
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間
  • 利用限度額:10万円~1,000万円
  • 初回無利息期間:なし
  • スマホATM:なし

特徴

  • Web完結で申し込み可能
  • PCかスマホからの利用のみでカードは発行されません
  • 借入は振込のみ、返済は口座振替、振込、ペイジーでATMは不可
  • 振込手数料はかかりません

即日融資のポイント

  • 振込のみなので平日14時までに申込を完了させる

J.Score」の公式サイトはこちら

まとめ

銀行のカードローンが即日融資に対応できなくなり、選択肢は狭まってしまいましたが、金利は高いものの、消費者金融のカードローンもスマホアプリなどの開発など、利便性が高くなってきました。

J.Scoreのように、AIで効率化を進め金利を安くする新しい形も出てきました。

即日融資は、消費者金融だけの機能になってしまいました。緊急の場合はやむをえませんが、初回無利息などを活用して少しでも負担を少なくするようにしましょう。

また、即日融資を可能にするためにも、借入金額は必要最低限にするようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です