専業主婦カードローン

専業主婦カードローン

専業主婦でも、カードローンの利用が可能です。ここでは、専業主婦のカードローン利用の注意点について解説します。

専業主婦のカードローンは以前より厳しくなった

2010年6月に貸金業法が改正されたため、以前は、専業主婦であっても、アコムやアイフルなどの消費者金融がお金貸すことができました。しかし、貸金業法の改正により、「年収の3分の1までしか融資してはいけない。」という総量規制が法律に組み込まれたのです。

つまり、収入のない専業主婦にアコムやアイフルなどの消費者金融はお金を貸すことができなくなったのです。

専業主婦は銀行カードローンなら利用できる

上記の総量規制・貸金業法というものは、「貸金」に対して規制する法律なので、「銀行」には適用されないのです。銀行の業務が規定される法律は銀行法という違う法律だからです。

つまり、銀行が提供しているカードローンであれば、収入のない専業主婦でも利用できるようになったのです。ただし、注意が必要なのは、銀行も自主的に収入のない方への貸し付けをしていない場合があるので、専業主婦が利用できる銀行カードローンというのは数えるほどしかないのが現状なのです。

専業主婦のカードローン利用で注意すべきポイント

大きな金額は借りられない

専業主婦の場合は、借入の限度額は30万~50万に設定されていることが多く、それ以上の借り入れはほとんどできません。

配偶者に安定して継続した収入が必要

配偶者の方が働いていて収入があることが審査通過の前提です。

専業主婦のカードローン利用で気になるポイント

年収証明は必要?

ほとんどの専業主婦が利用できる銀行カードローンでは、収入証明の提出は不要となっています。しかし、但し書きで、保証会社に提出を求められた場合は提出する必要があります。

夫の同意は必要ないの?

基本的に申し込みや審査に対しては、夫の同意は必要ありません。審査時に連絡がいくこともないです。ただし、後々トラブルになることもあるので、話し合って利用するのが良いでしょう。

専業主婦の利用できるカードローンランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です