カードローン審査の通りやすさが資金用途でも変わる

カードローン審査の通りやすさが資金用途でも変わる

カードローンの申し込み時や増額時に借り入れ目的を聞かれることがあると思います。この時にカードローンの資金用途によっても審査の通りやすさは変わってくるのです。

カードローンの目的が「借り換え」だと審査が通りやすくなる?

なぜ、「借り換え」という目的を伝えた方が審査が通りやすくなるのでしょうか?

カードローンA社 80万円の借り入れがある方がカードローンB社に30万円の申込みをした場合

「生活費」として申込した場合

カードローン審査での受け止められ方

「カードローンA社に80万円借りていながら、さらに生活費が必要ということは、生活が困難な状況におちいっていて、貸し倒れのリスクもが高い。総借入額は110万円になる。」

「借り換え資金」として申込した場合

カードローン審査での受け止められ方

「金利が低金利のうちのカードローンに借り換えするということは、カードローンA社の借り入れが50万円に減ることになるため、総借入額は変わらない。もともと、カードローンA社から80万円の枠をもらっていた信用のある人だから、総借入額が変わらないのであれば審査に通しても、貸し倒れリスクは低い。」

と同じ状況であるのにも関わらず、カードローンの資金用途が違うだけでこれだけ審査での受け止められ方が違うのです。こう考えれば、「借り換え」という資金用途の方が審査が通りやすいのがおわかりになると思います。

ただし、「借り換え」目的でないのに「借り換え」と虚偽の申告をしてカードローン審査に通っても、その後の「借り換え」が確認できない場合、途上与信で利用停止になる可能性があります。

カードローンの資金用途は「生活資金」にはしない

「生活費」というのは、一番審査が通りにくくなる選択肢です。

「生活費」よりは、「レジャー資金」「交際費」とした方が審査は通りやすいのです。

「生活費」を選択してしまうと、カードローンからの借り入れなしでは、生活費もままならない状態と考えられてしまうからです。

これが「レジャー資金」であれば、生活費は自分の収入で賄えているが一時的にレジャーに行く資金が不足した人。つまり、貸し倒れがリスクが低い人と考えられるのです。

このようにカードローンの資金用途でも、審査されるため適当に申込フォームで選択するのはやめましょう。また、これは新規借入時でも、増額時でも同じことになります。増額依頼時は、申込フォームがあるわけではないので、こちらから「借り換え目的です。」と伝えた方が増額の審査は通りやすくなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です