審査ハードルが低いカードローン

審査ハードルが低いカードローン

実際に審査が緩い、審査が甘いカードローンを見極めることってできるのでしょうか?もちろん、審査ノウハウは銀行の最高機密情報なので、外に出ることはありません。しかし、貸す側の銀行や消費者金融の立場に立って考えると、審査が通りやすいカードローンというのがわかってきます。

金利と審査は反比例する

  • 金利が高ければ、審査が甘くても、銀行や消費者金融の収益は確保されます。
  • 逆に、金利が低ければ、審査を厳しくしないと銀行や消費者金融の収益は確保されません。

つまり、金利と審査の甘さは反比例する関係にあるのです。金利の低い銀行カードローンばかりに申し込んで審査が落ち続けている場合には、消費者金融系のカードローンなど金利の高めのところをあえて申し込んでみると審査に通る可能性があるということです。

流通系のカードローン

流通系のカードローンなどは、ローン事業が主体であるケースは少なく、ローン審査ノウハウが確立されていないケースが多いのです。そのため、一般的な銀行や消費者金融系のカードローンよりも審査のハードルが低いケースもでてきます。また、流通系の場合は、店舗の会員が何百万人といるため、コストをかけずに集客ができます。そのため、銀行や消費者金融に比べて収益構造がいい場合も多いのです。

経営計画でカードローン事業を伸ばすと宣言している金融機関

経営計画でカードローン事業を拡大させたいという意図がある場合は、カードローンの契約件数を会社として伸ばさなければなりません。そのため、審査のハードルも低くなるケースがあります。

顧客獲得キャンペーンを積極的に行っているカードローン

顧客獲得キャンペーンを手厚く行っているカードローンは、やはりカードローン事業の顧客獲得に積極的です。顧客獲得に積極的なカードローンというのは審査基準も緩くなっている可能性があるのです。

消費者金融カードローンの場合は、審査通過率がわかる

消費者金融カードローンの場合は、当サイト独自の調査で審査通過率というのを算出しています。審査通過率とは審査に通った割合のこと。つまり、一般的に3割といわれているカードローンの審査通過率よりも、高ければ審査が緩い、審査が甘いと言っていいでしょう。

審査通過率などのデータ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です