カードローンの対面与信

カードローンの対面与信

カードローンやキャッシングの審査(与信)の中には対面与信と言われているものがあります。カードローンの対面与信とは一体何なのでしょうか?

以前は対面与信が審査の主流

インターネットが普及する前までは、消費者金融の窓口に利用者はお金を借りるために訪れていました。

そこで、信用情報機関の情報などで属性のスコアリングをして点数をつけるのですが、以前はその時の面談した際の印象などを審査上重視していました。

挙動不審な人、見るからに水商売で金払いのいい人、強面の身なりで返済しなさそうな人などを見抜く目が消費者金融の担当者には必要だったのです。意外とその対面与信が当たるので、対面与信が審査の時に重視されてきたのです。

しかし、現代では、ネットだけでの申し込みが主流になり、データ量も豊富なため、対面与信という人のノウハウに依存するものはどんどんなくなってきたのです。

実はまだ存在するATMカメラによる対面与信

とはいえ、完全に対面与信がなくなったわけではありません。特に消費者金融系のATMのカメラでは、借り入れの様子が映されていて、その時に挙動不審な動きなどをしていると、他の属性が良くても審査が通らないことがあるのです。ハイテクになっても、対面与信の重要性はかわらないため、注意が必要なのです。

特に消費者金融カードローンをATMで利用するときは、挙動不審な動きなどは避けた方が良いのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です