カードローンを低金利で借りる

カードローンを低金利で借りる

カードローンの金利を見てみると金利○%~○%と幅があることにお気づきでしょうか?希望すれば誰でも記載してある低いほうの金利で 借りられるわけではありません。利用者の信用度やカードローンの利用目的などを金融機関が審査した結果「利用限度額」と「金利」が決まるのです。

カードローンの金利には、「高い借入限度額を設定すれば、金利は下がる」という法則があります。

たとえば、利用限度額50万円の人と、利用限度額800万円の人が、同じ1万円を借り入れた場合には、前者のほうが高い金利で返済をすることになるのです。

高い利用限度額に設定したい場合は、収入を証明する書類が必要になります。サラリーマン・OLの方なら源泉徴収票、自営業者の方なら確定申告書などです。 しかも、銀行カードローン以外の総量規制の対象になるカードローンは、年収の3分の1を超える限度額には設定できません。また、カードローンの利用目的も、金融機関側に伝えることが必要となります。

「高い利用限度額を設定するのはなぜか?」とカードの利用目的を問われた場合には「安い金利で利用したいから」という理由だけでは、なかなか審査を通過しません。 結婚資金や引っ越し資金、あるいは債務の一本化のためなどの、明確な目的を答えられるようにすれば、高い利用限度額を設定してもらうことも可能になります。

難易度は高いのですが、大口融資枠をゲットできれば、基本的には当初設定した融資枠が続くため、トータルでの利息を長い目で見た場合相当な差がつくことになります。

複数から少しずつ借りるよりも、1社からの大口融資の方が金利が低くなる

つまり、3社から50万円ずつ借りることよりは、1社から150万円借りた方が金利が低く借りられる可能性が高くなるのです。1社目の借り入れの時に、希望限度額を本当に欲しい限度額より多めに設定しておくと複数社に借りなくても済む可能性があるため、審査で限度額が下げられる可能性はありますが、多めの希望限度額を申し込んでおくといいでしょう。

また、大手都市銀行よりは、ネット銀行や信販会社、消費者金融のカードローンの方が大口融資の審査が通る可能性は高くなります。

事前に融資額に対する金利を確認しておく

もともと、銀行カードローンや信販系のカードローンであれば、融資額別にカードローンの金利が設定されています。つまり、CMなどで記載されるような金利「○%~○%」という幅のある金利で比較しても意味がないのです。低金利で利用するためには、80万円の限度額が希望でも、100万円の申し込みをして審査に通れば、1段低い金利で借りられるかもしれないのです。

融資額別の金利比較

上記のページでは、各カードローンの融資額別の金利が一覧で比較できるようになっているので、参考にしましょう。

 すでに借り入れがある場合は、カードローン借り換えやおまとめローンが低金利

新規でカードローンを利用する場合は、上記のやり方で多めに限度額を希望して審査が通れば、低金利でカードローンが利用できます。しかし、すでに他社の借り入れがある場合は、大きな金額を借りようとしても審査に通らない場合があるのです。そんなときは、上限の金利が低く抑えられているおまとめローンを利用すると、他社の借入中のカードローンの金利よりも低くなる場合があり、低金利で借り入れができる可能性があるのです。

おまとめローンランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です