転職する前にカードローンを作る

転職する前にカードローンを作る

カードローンの審査で、重要なポイントのひとつに勤続年数というものがあります。今でこそ、このハードルも下がり勤続年数は1年以上でも審査は通る可能性もありますが、銀行カードローンであれば勤続年数は3年は欲しいところです。

なぜ、転職する前にカードローンを作るべきなのか?

もちろん、まったく転職後カードローンを利用しない方であれば必要ありません。

ただし、転職後にカードローンが必要になる可能性がある人は、転職する前にカードローンを作っておくべきなのです。

なぜなら、転職後では審査が通らないからです。

勤続年数は1年以上でも審査は通る可能性はありますが、3年が平均的と言われています。つまり、転職してしまった後にカードローンによって借り入れが必要になった場合でも、1年~3年間はカードローンを作るのが難しくなってしまうのです。

逆にいえば、カードローンというものは、使わなければ1円も使わないで済むので、お金はでていきません。年会費も、発行手数料も必要ないのです。

長く勤めていた会社を辞める決断をした場合、かつ転職後、カードローンによって借り入れの利用をする必要がでてくる可能性のある場合は、辞める前にカードローンの審査を通して、ある程度の枠を確保しておくことをお勧めします。

おすすめのカードローン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です