妻のカードローン利用

妻のカードローン利用

夫にばれずにカードローンを利用したい。結婚前にカードローンを利用していたことで主人に影響がないか知りたいなど、夫婦で奥さんの方がカードローン利用を考えているケースが多いようです。ここでは当サイトに寄せられる質問からいくつか抜粋して返答します。

カードローンを利用しても主人にばれませんか?

専業主婦でなく、共働き、もしくはパート収入がある場合は、旦那さんにばれずにカードローンを利用することが可能です。カードローンで旦那さんにばれるケースは、金融機関から直接自宅へ電話がある場合がほとんどだと思います。しかし、通常、携帯電話を申込時に連絡先として登録しておけば、携帯にしかかかってきません。また、郵送物も、利用明細をWE確認にしておけば、利用明細が届くことはないので、あるとしたらローンカードの送付になります。今は、ローンカードをTV窓口で受け取れたり、そもそもローンカードがないカードローンもあるので、ローンカードの郵送でバレることはないはずです。特に奥さんであれば、ローンカードの送付があっても、自分で郵送物を開けられることが一般的です。

ただ、一点気をつける必要があるのは、悪質な延滞を繰り返した場合です。この時は、自宅へ督促状が届いたり、場合によっては自宅へ連絡が来る場合もあるので、延滞はしないことを前提に考えなければいけません。

結婚前にカードローンで債務整理をしたのですが、住宅ローンでばれませんか?

これもよくある質問ですが、過去にカードローンやキャッシングの利用で、返済不能に陥り債務整理や自己破産を奥さんがしていて、そのことは旦那さんに伝えていなかった。ただ、急遽住宅購入の話が出てきて、急に心配になったというケースです。

まず、奥さんの過去の個人信用情報を金融機関が調査するケースというのは、住宅ローンの契約主体であるか、保証人として奥さんが入っているか、の2つです。契約主体でなければ、調査されるのは旦那さんのみです。また、保証人である場合も個人信用情報は調査されますが、住宅ローンはほとんどの場合、保証人が不要なので心配する必要はないでしょう。

気をつけなければいけないのは、収入合算やペアローンなどで奥さんが契約主体になるケースです。

専業主婦の場合は、カードローンを利用したら、主人ばれてしまいますか?

専業主婦の方でカードローンを利用する場合は、旦那さんの収入証明が必要になることが一般的です。つまり、隠しながら利用するのは非常に難しいということです。

旦那にバレないように自己破産できますか?旦那の仕事に影響はないですか?

奥さんが隠れながらカードローンを利用していて、返済がままならなくなってしまった方のケースです。実際に、自己破産や債務整理で旦那さんの仕事に影響があることはありません。近所の人や同僚に知られることもほとんどの場合ないのです。ただし、自己破産をするときには、収入を証明する資料が必要であったり、財産の処分が必要であったりと、旦那さんの協力なしでは進められないのが実態なのです。これは正直に話して協力を仰ぐのがベストだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です