在日外国人も利用可能

在日外国人も利用可能。銀行カードローン

日本には、多くの外国人が住み、その2世、3世もいまや珍しくなくなっています。教育も日本で受けてきた外国籍の外国人も急増しています。そんな外国人には、日本での生活で、日本国籍が無いということだけで、多くの弊害があり、住宅ローンを使っての不動産購入はもちろん、賃貸住宅に住むことも一苦労です。

在日外国人も利用はできるが、審査は厳しい

万が一、何かがあった場合、国外に逃げられてしまう場所がある、ということが日本企業に警戒感を与えてしまい、日本人に比べると融資条件が厳しくなってしまっているのです。カードローンはというと、現金を借りるだけ借りて帰国してしまい、日本に帰ってこなくなるのは、かなりのリスク。なんらかの保証、デポジットを要求してくるのは当然です。しかし、2世3世とっては、帰るところも国外にはない場合も多くあります。

カードローンは、外国人であっても、外国人登録証や永住権を持っていれば、条件を通過できるケースがありますが、外国人が使えるカードローンは、消費者金融どまりでは?と思われる方もおおいようです。

外国人も銀行カードローンを利用できるのです。

メガバンクのみずほ銀行カードローンは、永住権があれば申請できますし、銀行系と呼ばれる、銀行と消費者金融会社が提携した子会社が提供する銀行系カードローンも利用ができます。

例えば、SMFGグループと提携しているSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)や、じぶん銀行が運営するじぶん銀行カードローン、イオンが運営するイオン銀行カードローン、オリックス銀行が運営するオリックス銀行カードローン、三菱UFJ銀行カードローンのマイカードプラスやバンクイックなどであれば、外国人でも、外国人登録証や永住権をもって、申し込むことができます。

審査条件は日本人よりは厳しくなる現状ではありますが、銀行のカードローンも利用可能なので、必要であれば申込にチャレンジしてみましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です