カードローン利用で住宅ローンの審査に影響は?

カードローン利用で住宅ローンの審査に影響は?

Q. カードローンを以前50万円借り入れをしていて、完済は住んでいるのですが、このほど住宅ローンを利用し、住宅購入を検討しています。カードローン利用での住宅ローンの審査へ影響はあるのでしょうか?

A. 住宅ローンの審査への影響は少なからずあります。

住宅ローンの審査も、カードローンの審査も、同じローンの審査のため、審査の担当者は個人信用情報機関で個人信用情報(ローンの利用の有無や利用履歴、事故情報など)を照会するのです。

カードローンの利用中の場合

住宅ローンの審査でも、収入に対しての返済額の割合、返済負担率が大きな審査ポイントになってきます。利用中の、返済中のカードローンや自動車ローンがあった場合、この返済額も返済負担率にいれて計算されます。カードローンや自動車ローンを利用していない場合と比べて、借入可能額が下がる可能性があります。

例、返済負担率

住宅ローンだけの返済の場合

住宅ローンの毎月の返済額9万円 / 毎月の収入30万円 = 返済負担率 30%

住宅ローンとともにカードローンを借りている場合

(住宅ローンの毎月の返済額9万円 + カードローンの毎月の返済額3万円) / 毎月の収入30万円 = 返済負担率 40%

となります。上記の例でいえば、返済負担率が35%以内でないと住宅ローン審査に通さないという審査基準の銀行の場合、カードローンとの合算で返済負担率が40%になってしまっているため、審査に通らなくなってしまうのです。

また、仮に審査が通ったとしても、返済負担率が高い為、希望の借入額が借りられないという可能性も出てきます。住宅ローンの審査で重要視される返済負担率というのは、住宅ローンだけでなくすべてのローンを合算して計算するということを忘れてはいけません。

カードローンが完済済みの場合

カードローンが完済済みでも、解約をしていないで与信枠が有効になっている場合は、実際にカードローンをいつか借りてしまう人として審査されます。50万円のカードローンの枠があって、1円も借りていなくても、50万円を借りている人とほぼ同様な形で審査されるのです。つまり、使っていないカードローンであれば、すぐに解約してから住宅ローンを申し込むのが賢い方法と言えます。

ただし、住宅ローンは「住宅」という確実な担保があるため、購入する住宅自体の担保価値(資産価値)が十分であり、勤続年数や年収が一定基準以上であれば、カードローンの未使用枠があるからと言って、完済しているのであれば住宅ローン審査への影響というのはほとんどないと言っていいでしょう。利用中と比較すれば影響は少ないのです。

まとめ

まずはカードローンがあるから住宅ローンの審査が通らないと決めるけるのではなく、いくつかの住宅ローンに申込んでみて実際に審査が通るのか通らないのか試してみることをおすすめします。住宅ローンには住宅という担保があるため、銀行もある程度のカードローン利用であれば問題なく住宅ローン審査を通す可能性があるからです。「カードローンを利用しているから住宅ローンが通らない」ということは自分で決めつける必要はないのです。

実際に住宅ローンに複数社申込んでみたんだけれども、審査に通らなかった、他に原因が思い浮かばないという場合に、カードローンの返済を優先して借入残高を引き下げてから住宅ローンに申込む、住宅ローンの借入希望額を引き下げる、個人信用情報に問題がないかをチェックするなどの対策を取ることをおすすめします。

実際にはカードローン借り入れ分のお金を親に貸してもらい、カードローンの返済を優先して、完済してから住宅ローンに申込む方が多いようです。

審査が心配な方も、まずは住宅ローンに申込んでみましょう。

住宅ローン比較はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です