実際、カードローンではいくらまで借りられますか?

実際、カードローンではいくらまで借りられますか?

カードローンを利用しているのですが、またお金が必要になってしまいました。そもそも、カードローンはいくらまで借りることができるのでしょうか?

カードローンの総量規制は、借入可能額の目安

2010年に貸金業法が改正されて、銀行をのぞく、消費者金融や信販会社のカードローンを利用する場合は、すべての借り入れを合計して年収の3分の1までしか借り入れができなくなりました。

つまり、

  • 年収600万円 → 借入総額 180万円
  • 年収500万円 → 借入総額 150万円
  • 年収400万円 → 借入総額 120万円
  • 年収300万円 → 借入総額  90万円

ということになるのです。

貸金業法が改正される前までは、この上限がなかったために年収が低い方が年収の半分以上の額を借りるケースが多くなり、結果として返済不能者が増加してい待ったのです。

そのため、政府が返済不能者を減らすために決めた基準が、借り入れをする額は年収の3分の1までという上限なのです。

つまり、政府がこのレベルであれば、返済不能に陥ることなく返済ができる目安と考えているということなのです。

貸す方の規制が年収の3分の1までなので、借りる側にとっても、カードローン利用で借りられる最大の額は年収の3分の1までと考えて良いでしょう。

銀行カードローンは、総量規制対象外と言っているけど・・・

確かに銀行は、貸金業法の規制を受けません。

銀行の営業に関しては、銀行法というものの規定されているため、貸金業法の総量規制は関係ないのです。

しかし、冷静に考えてみてください。

  • 消費者金融 審査やさしい
  • 銀行 審査きびしい

というのが一般的な審査基準です。

この状況で、どうやって消費者金融よりも大きな金額を銀行が貸してくれるというのでしょうか。

そうなのです。

法律上は、総量規制の対象外であり、年収の3分の1以内に貸付額を制限することは必要ないのが銀行ですが、よほど年収が高い、属性が良い方でない限り、年収の3分の1以上の借り入れをすることが非常に難しいのです。

そのため、銀行カードローンが総量規制対象外だとしても、目安にすべきは、年収の3分の1が借りられる上限と考えておいた方が良いのです。

すでに上限まで借りていて、返済が苦しいという方はおまとめローンなどを利用すると良いでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です