カードローンで仮審査が通ったんだけど、本審査で落ちることはありますか?

カードローンで仮審査が通ったんだけど、本審査で落ちることはありますか?

Q. 銀行カードローンで仮審査が通ったんですが、本審査はこれからです。本審査で落ちることはあるのでしょうか?

A. あります。

もともと、カードローンの仮審査(簡易審査)というのは、申し込み段階で足切りを自動的にする作業なので、実際の審査とは別物と考えてもらったほうがいいです。

仮審査はウェブサイトの申し込みフォームの内容で自動的に決まります。例えば、年齢がその銀行や消費者金融の申込みの基準にあっているかどうか?とか、専業主婦には貸していない金融機関で「専業主婦」ではないかどうか?年収に対して現在の他社での借入金額が多すぎるか?などです。

そのため、ほとんどの方が仮審査は通るようになっています。

例えば

年齢制限が60歳未満のカードローンに61歳の人が申し込んだ場合に申込みフォームに入力した生年月日をチェックして申込み条件に合致していない場合のみ「受付できません。」と表示されるだけなのです。

他にも、総量規制で年収の3分の1までしか融資できないのに、他社借入額を合わせて3分の1を超えている場合に自動的に「仮審査が通りませんでした。」と言われるだけのものなのです。

だからこそ、仮審査や簡易審査は「最短1秒で結果診断」ということが可能になるのです。人間が審査していたら到底不可能なスピードです。

仮審査・簡易審査で審査が通るカードローンはありません。

絶対に人のチェックが入るのです。

つまり、仮審査・簡易審査というのは審査でもなんでもなく、本番は本審査なのです。

本審査では、個人信用情報機関に情報を照会したり、企業への在籍確認をしたり、銀行や消費者金融の審査担当が審査します。、この本審査こそが審査なのです。

カードローンの「仮審査通過=借入が可能」ということにはならないのです。

「仮審査が通ったのに本審査が落ちたのはなんで?」

と思っている方は、実は普通に審査が落ちただけなのです。

審査落ちをしないためには、カードローン審査についての理解を深めて審査対策を取ることが必要です。

カードローンの審査

カードローン審査通過研究


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です