カードローン審査って何を審査するんですか?

カードローン審査って何を審査するんです

Q.カードローンの審査って何を審査されるのでしょうか?

年齢、年収、他社での借入状況、過去の借入状況などの情報から、返済に対する信用度を審査されます。

カードローンの審査で審査される項目

勤続年数

何年今の会社に勤めているか?という勤続年数です。転職したばかりだと収入が不安定とみなされるため、審査は通りにくくなるのです。

返済負担率

収入に対して返済額の割合がどのくらいか?というのが返済負担率です。総量規制は3分の1になっていますが、一般的には20%前後が審査に通りやすい返済負担率と言われています。

他社借入状況

ほかのカードローンやキャッシングで何社から、どのくらいの金額を借り入れているのか?が審査されます。他社借入件数と他社借入金額が大きい場合には審査に通らない可能性が高いのです。

過去の返済事故歴

事故情報というのは、カードローンの場合は、返済遅延や債務整理などのことを指します。他のカードローンを利用中の返済遅延情報も、すべて金融機関同士で情報が共有されているため、これを審査されます。

カードローンの審査項目は多岐にわたり、審査の方法も金融機関ごとに違うので、一度審査に落ちたからと言ってあきらめる必要はなく、ほかのカードローンに申し込めば良いのです。

カードローン審査の実態


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です