2件150万の借入中。金利の低いカードローンの審査が通りません。

2件150万の借入中。金利の低いカードローンの審査が通りません。

Q. 消費者金融カードローン2件で150万の借入をしています。金利の低いカードローンに借り換えをしたいのですが、金利の低い銀行カードローンの審査が全く通りません。理由はどうしてでしょうか?

A. カードローン会社によって審査の基準は違うため一概には言えませんが、金融機関の審査のポイントとして、現在の借入状況と、返済実績、年収などを総合的に勘案して審査が落とされているのかと思います。

100万円を超えた借り入れがある状態で、金利の低い銀行カードローンに申し込む場合は審査は厳しくなる可能性があります。

すでに2社で150万円の借り入れをしている場合に、例えば50万円分をさらに他のカードローンに申込むとしたら、合計で200万円の借入になります。銀行カードローンであれば総量規制は関係ありませんが、消費者金融カードローンであれば、年収600万円の人でぎりぎり審査が通るラインということになってしまうのです。銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも審査のハードルが高い為、総量規制の対象外とはいっても、総量規制並に借りられることは少ないのです。

一番良い対策としては、申込時に「借り換え」のための借入であることを明示することです。「借り換え」の場合は総量規制も適用されませんし、借入総額も変わらないことになります。借入総額が変わらずに直近の半年以上の期間、まじめに返済を続けている方であればカードローン会社も格段に貸しやすくなるのです。

まずは、借り換え専用のカードローン、借り換え利用を謳っているカードローンなどを中心に検討してみて、かつ申込み時に「借り換え目的」であることを記載することが最善の策と言えます。

その他の対策としては、

  1. 銀行カードローンをあきらめて審査の緩い消費者金融カードローンを申し込む
  2. おまとめローンを利用して、債務を圧縮してから、銀行カードローンに申し込む
  3. 流通系グループの提供しているカードローンなど別の低金利カードローンを申し込む
  4. 審査落ちした他の原因を探ってみる。(転勤して間もない、返済遅延があるなど)

カードローン審査落ちの対処法

返済事故がなければ、借り換え目的で低金利カードローンを利用するのは、難しいことではありません。あきらめずに方法を探ってみましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です