銀行カードローンと消費者金融カードローンの審査は、どっちが通りやすい?

銀行カードローンと消費者金融カードローンの審査は、どっちが通りやすい?

Q. CMでもよく見かけますが、銀行のカードローンと消費者金融系のカードローン、キャッシングの審査はどちらの方が通りやすいのでしょうか?

A. 銀行カードローンと比較すると消費者金融系のカードローン、キャッシングの方が審査は通りやすいと思われます

まず、銀行カードローンの仕組みですが、実際は総量規制という年収の3分の1までしかかせないという貸金業法ができたため、その回避策として、銀行が窓口としてカードローンを販売するが、実務は保証会社として消費者金融が行う。といった形になっているケースが多いのです。

つまり、銀行カードローンの場合、銀行は窓口なだけで、実際の実務は消費者金融が行っているのです。もちろん、貸す側の銀行も審査はしますが、保証会社である消費者金融も審査をするのです。

銀行カードローンは、審査が2重になっているのです。だからこそ、時間もかかるし、審査が通りにくいのです。その分金利も低く設定しています。

一概には言えませんが、銀行カードローンよりも、消費者金融系のカードローン、キャッシングの方が同じ条件であれば審査は通りやすいと考えられます。

金利と審査の通りやすさの関係は反比例の関係にあります。

低金利のカードローンの場合は、銀行や消費者金融の利益が少なくなるため、債務不履行になって貸したお金が戻ってこないように審査を厳しくするのです。

金利が高いカードローンの場合は、銀行や消費者金融の利益がおおいたので、多少の債務不履行が起こっても数%であれば織り込み済みと考え、審査は緩く設定されているのです。

つまり、低金利の銀行カードローンと金利が高い消費者金融カードローンを比較すると、低金利の銀行カードローンの方が審査が厳しく、金利が高い消費者金融カードローンの方は、審査が通りやすいのです。

審査の通りやすいカードローン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です