銀行カードローンは本当に総量規制以上に貸してくれますか?

銀行カードローンは本当に総量規制以上に貸してくれますか?

Q. 銀行のカードローンは、総量規制の対象外のため、収入の3分の1以上の金額でも借りれるって本当ですか?

A. 

借りれる可能性はあります。

銀行のカードローンは、総量規制が規定されている貸金業法が適用されません。銀行カードローンは、銀行法が適用されるのです。

そのため、総量規制の対象ではなく、収入の3分の1という制限を受けずに貸すことができるのです。

ただし、ここに注意が必要です。

銀行は総量規制の制限は受けませんが、消費者金融カードローンより、審査が厳しいのは間違えないのです。

これはなぜかというと、銀行カードローンは低金利であるため収益率が低く、その分返済不能になる方を審査の段階でふるい落とす必要性が高いのです。また、保証会社の審査も必要なので、2重に審査を必要とするのです。

もうひとつ知っておく必要があるのは、総量規制の制限である収入の3分の1までの融資というのは、すでにその人の収入に対して返済可能なギリギリの金額なのです。

つまり、よほど属性の良い方。たとえば、公務員であるとか、持家があるとか、医者であるとか、条件がよくない限りは、銀行カードローンとはいえど、収入の3分の1以上の借り入れは難しいのが現実なのです。

他社の借入件数が多ければ、さらに難しくなるでしょう。

毎月の返済が苦しいことが理由で、収入の3分の1以上の借り入れを考えている方は

銀行カードローンでそれ以上に借り入れを増やすよりも、おまとめローンなどで、返済額を削減するような方法の方が良い結果が出る可能性が高いです。

銀行カードローンで総量規制以上に借りられる可能性もゼロではないですが、おまとめローンも選択肢に加えると良いでしょう。

銀行カードローン

東京スター銀行おまとめローン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です