自動融資機能で引き落とし漏れを防ぐ

自動融資機能で引き落とし漏れを防ぐ

カードローンの中には「自動融資機能」というサービスが利用できるものがあります。この自動融資機能を使えば、「給料日直前でクレジットカードの引き落としがされていなかった。」なんてことを未然に防ぐことができるのです。

カードローンの自動融資機能とは

カードローンの自動融資機能とは、クレジットカードや公共料金などの料金を自動引き落とし・口座振替を行っている場合に利用できるサービスです。※利用できるのは一部のカードローンのみです。

銀行口座に10万円しか入っていないときに、クレジットカードの引き落とし額が12万円だった場合に何もなければ引き落としができなかったということで、クレジットカード会社から連絡が入ります。連絡だけならばよいのですが、今後のカードローン審査にも影響する「個人信用情報」に返済遅延という情報が載ってしまうことになるのです。

うっかり、口座の残高を確認していなかった。うっかり、今月だけ思った以上にクレジットカードを使っていた。なんてミスで個人信用情報を悪化させることを回避するためには重要なサービスと言えるでしょう。

また、自動融資分もカードローンの借り入れであるため、返済が必要になります。

カードローンの自動融資が対象外の引き落とし

賭け事関連の引き落としは対象外となっているケースが多いです。また、利用中のカードローン自体の返済も自動融資の対象ではありません。

  • テレボート
  • 社団法人 全国競輪施行者協議会
  • 日本中央競馬会
  • 南関東四競馬場(SPAT4)
  • オッズパーク・D-netネットバンク電話投票
  • 一般財団法人オートレース復興協会

残念なのは、まだ使える銀行カードローンが少ないことです。

自動融資機能が利用できるカードローン

ジャパンネット銀行のカードローン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です