個人再生

個人再生

カードローンやキャッシングを利用している方で個人再生を検討している方もいると思います。ここでは個人再生について解説します。

個人再生とは

個人再生とは、民事再生とも呼ばれ、カードローンやキャッシングなどの借り入れが返済不能になった場合に取られる債務整理のひとつです。任意整理とは違い、公的な手続き。再生計画を作り、それを裁判所が認めた場合、かつ3年間再生計画どおりにきちんと返済ができれば残りの借金が免除されるという仕組みです。

個人再生のメリット

  • 住宅などの財産も特例を利用すれば売却しなくて済む
  • 保険や自動車などの財産も売却しなくて済む
  • 500万以下の債務総額なら5分の1(最低100万円)に圧縮される
  • 自己破産にある資格制限が適用されない
  • 弁護士や司法書士などの専門家に依頼するとすぐに取立てが止まる

個人再生のデメリット

  • 5年~10年は、新たな借り入れ(クレジットカードやカードローン)をすることが難しくなる
  • 債務整理の方法の中で、一番時間がかかる。
  • 官報に掲載される
  • すべての債権者を対象にする必要がある

自己破産や任意整理でなく、個人再生を選択するケース

  • 自己破産で資格制限されると、免責認定まで働けなくなるケース
  • 住宅や自動車などの財産を手放したくないケース
  • 任意整理にトライしたが債権者が非協力的なケース
  • 任意整理よりも個人再生の方が返済額が圧縮できるケース

個人再生は、財産を処分しないで済む制度のため、徐々に利用者が増えている債務整理方法と言えます。また、500万以下の債務総額なら5分の1(最低100万円)に債務を圧縮できるのも大きなメリットです。

個人再生をする際の弁護士・司法書士選びはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です