特定調停

特定調停

カードローンやキャッシングを利用している方で特定調停を検討している方もいると思います。ここでは特定調停について解説します。

特定調停とは

特定調停とは、弁護士や司法書士の専門家の代わりに、簡易裁判所が債権者と債務者の間に入って行う債務整理方法のひとつです。この場合は裁判所が債務整理案を作成します。

特定調停のメリット

  • 弁護士や司法書士などの専門家に頼らずに自分でできる
  • 自己破産と違い、ギャンブルや浪費が原因でも利用できる
  • 申し立てが完了すれば債権者からの取立ては止まる
  • 官報や破産者名簿への掲載はない
  • 裁判所が仲介するため、債務者と債権者が直接交渉する必要がない

特定調停のデメリット

  • 5年は、新たな借り入れ(クレジットカードやカードローン)をすることが難しくなる
  • 調停が成立した場合に、確定判決と同じ効力があるため、調停成立後の返済遅延などがあれば法的に強制差押をされてしまう
  • 過払い金返還までは裁判所のためしてくれない

特定調停をする上での注意点

弁護士や司法書士に依頼する必要がなく、裁判所が仲介してくれるため、一見いい制度のように思われますが、裁判所が返済計画について承認するため、調停の成立後に、返済遅延などが一度でもあると、債権者が強制的に差し押さえをしても法的にOKになってしまうのです。つまり、裁判所での仲裁は、債権者にも厳しいが、同時に債務者にも厳しい債務整理方法といえるでしょう。特定調停を利用する場合は、くれぐれも返済遅延などを起こさないように気を引き締める必要があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です