のりかえローンとおまとめローン違い

のりかえローンとおまとめローン違い

のりかえローンとおまとめローンとの違いは何なのでしょうか?ここでは、のりかえローンとおまとめローンの違いについて解説します。

のりかえローンとおまとめローンとは?

のりかえローンは、借り換え専用のローンのこと

  • A社のカードローン 50万円 15% → のりかえローン 50万円 9%

おまとめローンは、複数の債務の一本化をするためのローンのこと

  • A社のカードローン 50万円 15% B社のカードローン 100万円 12% → おまとめローン 150万円 10%

のりかえローンとおまとめローンの違い

借換え前の債務が複数か?1社か?が違う

おまとめローンは複数の債務を一本化するもので、のりかえローンは1社からの借換えで利用されます。

返済専用か?何度も借入もできるのか?が違う

おまとめローンは、複数の債務を一本化したら、返済に集中する形のローンです。一般的におまとめローンではカードローンのように新たな借り入れはできません。※一部借入が可能なものもあります。

のりかえローンは、借り換えした金額とは別に、利用限度額が設定され、利用限度額に余裕ができれば、カードローンと同様にその範囲内であれば審査なしで何度も借入をすることが可能です。

金利が違う

東京スター銀行のおまとめローンとのりかえローンを比較すると

  • 東京スター銀行のりかえローン 金利 {snippet tokyonorikae_kinri}
  • 東京スター銀行おまとめローン 金利 {snippet tokyoomatome_kinri}

と下限の金利はおまとめローンの方が低く、上限の金利はのりかえローンの方が低いです。ただし、下限の金利が適用されることはほとんどないため、基本的には、借換え前の債務が一つであるのりかえローンの方が金利は低く、おまとめローンの方が複数の債務をまとめるリスクが高いため、金利は高くなっています。

審査のハードルが違う

一般的に他社借入の件数が増えれば、増えるほど、審査通過が難しくなります。おまとめローンやのりかえローンも例外ではないため、複数の債務があるおまとめローンの方が審査は厳しく、1社の借換えであるのりかえローンの方が審査は通りやすいのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です