カードローン借換え専用ローン

カードローン借り換え専用ローンを使う

カードローンの毎月の返済額を下げるためには、カードローンの借り換え専用のローンというものを利用すると良いでしょう。

カードローン借り換え専用ローンとは

カードローンの借り換え専用ローンとは、その名のとおりカードローンの債務を借り換えるために作られたローンのこと。有名なところでは東京スター銀行の「のりかえローン」などがある。

カードローンの借り換え専用ローンの特徴のひとつとして、借り換えのメリットである返済額の削減を実現するために、金利が低く設定されているケースが多い。東京スター銀行の「のりかえローン」は、{snippet tokyonorikae_kinri}という低金利を実現している。

金利が低いため、借り換えると必然的に返済額が減る。

これ以上ないメリットではあるが、いいことばかりとは限らないため、デメリットに注意が必要だ。

カードローン借り換え専用ローンのデメリットとは

カードローンよりも審査のハードルが高い

低金利で貸すことになるため、審査のハードルはやや高め。年収200万円以上の正社員や派遣社員などが利用可能で、アルバイトやパート、専業主婦の方は利用できない場合がほとんど。

返済方法が限られてくる

カードローンの場合は、ATM返済、口座振替、ネットバンキング、電話での借入・・・など多くの返済方法があり、毎月返済、返済日指定可能、35日返済というように返済方法も選択肢が多く設定されているが、カードローン借り換え専用ローンの場合は、毎月○日の返済と決まっていたり、口座引き落としの返済方法だけであったり、返済方法の柔軟性は極端になくなっている。これは、返済方法を絞り込むことによって、対応するコストを削減し、その分を低金利に還元しているのである。

デメリットはあるものの、返済額削減のメリットと比べると対したことはないのではないだろうか。借り換え専用ローンも設定された限度額に余裕があれば、自由に借入と返済をすることが可能で、カードローンと同じように利用できる。返済額の削減をしたいのであれば、一度検討してみてはどうだろうか?

東京スター銀行 「のりかえローン」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です