カードローンのブラックリスト

カードローンのブラックリスト

カードローンに限らずローンや借入でブラックリストに入っているということが言われているケースがありますが、本当にカードローンにもブラックリストというものがあるのでしょうか?

ブラックリストというものはない?

カードローンやキャッシングに関して、ブラックリストという名簿があって、「ここに掲載されたらもう借り入れができない。」というリストはありません。カードローンやクレジットカードなどを利用した場合には、すべての人が個人信用情報というものを登録され、申込履歴、利用履歴などが詳細に記載されるのです。この個人信用情報は、金融機関で共有されるデータベースのため、利用履歴に悪質な延滞を示す「異動」という記載が載ってしまうと、審査通貨が難しくなるのです。

つまり、ブラックリストというものはなく、すべての人が登録される借り入れの情報で、悪質な延滞があった場合や債務整理をした場合に、その情報が記載されるものがあるということです。ブラックリストとの違いは、ブラックな人だけがリスト化されているのではなく、返済利用者の優良顧客も含めてすべての利用者の情報はデータベース化されているということです。

ブラック情報は保有期間があり、一定期間経過でキレイになる

この個人信用情報というのは、カードローンやキャッシングの契約終了後5年~10年という幅で情報の保有期間が決まっています。

信用情報を保有する信用情報機関によって違いますが

  • 申し込み情報は3ヶ月
  • 利用情報は5年
  • 自己破産や個人再生などの情報は5年か10年

となっています。詳しくは個人信用情報の保有期間を参照下さい。

金融機関ごとのブラックリストはあるかもしれない

ここで、重要なのは、上記の信用情報というのは、情報の保有期間が決まっています。つまり、A金融で借り入れをした情報が5年後にはB金融にクレジットカードの作成を依頼しても、照会した信用情報機関に情報がない状態になり、審査が通るという仕組みになります。

A金融の顧客データには、保有期限があるわけではなく、情報は半永久的に保有されている可能性があるのです。金融機関によってはブラックリストを作っているところもあるかもしれません。

一度、カードローンの延滞をしてしまった、もしくは自己破産や債務整理をしてしまった人は、個人信用情報の保有期間がすぎても、以前借入していた金融機関とは違うところに申し込みをする必要があると言えるでしょう。同じところに申し込んでも審査が通る可能性はあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です