カードローンの代位弁済とは

カードローンの代位弁済とは

カードローンやキャッシングを利用している方に把握しておいて欲しいものに代位弁済というものがあります。この代位弁済について解説します。

代位弁済とは

カードローンはそもそも、保証人がいらない無担保ローンということになっていますが、正確に言えば利用者が保証人を用意する必要はないが、カードローンの販売をしている金融機関は保証会社という保証人を利用しているのです。

保証会社は金融機関から保証料をもらう代わりに、利用者の返済が滞ったら、代わりに返済する、正確には返済ではなく、債権を購入するという契約をしているのです。

つまり、銀行だから安心だ。とカードローンを滞納してしまったら、ある日知らない会社から請求が来ることになるのです。この代位弁済が実行されれば、保証会社は一括返済を求めてきます。つまり、気軽に滞納してはいけないのです。

代位弁済が実行されるのは、カードローンを発行している金融機関と保証会社の契約内容によって異なりますが、だいたい延滞期間が3ヶ月継続した場合などで実行されることが多いです。代位弁済にならないためには、まずは延滞・返済遅延をしないことと、そうなりそうであればすぐに借り入れをしている金融機関に相談することが重要です。相談して上で、返済方法を見直してもらえば代位弁済にならずに済む可能性があるからです。

最悪、代位弁済になってしまい、返済不能になった場合には、自己破産債務整理などの方法を検討する必要があるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です