限度額の仕組み

限度額の仕組み

 カードローンの利用で限度額とは、借入れが出来る最大の金額を示します。契約の際に利用限度額などの名称で表記されています。

 一般的なローンの場合と同じようにカードローンの限度額が50万円だと、その範囲内であれば、何度でも借入れが行えます。ただし、カードローンによる借入れを行う場合、誰でも金融機関のサイトに書いてある限度額が借りれるわけではなく、収入や借入れの履歴などの審査によって限度額が決定されます。
 
 たとえば、ある金融機関のサイトに50万円の限度額で借入可能と書いてあっても、実際に審査をしたところ、今の収入と働いている会社の勤続年数では30万までしか貸せません。というような形になります。

返済実績によって限度額は増減する

 金融機関で初めてカードローンの契約をする際、収入や就業年数、過去の借入状況などを基に審査が行われます。一般的に何度か借入れがあり、その返済を滞ることなく返済してある実績があると、限度額は収入に応じて高くなると言われています。これは金融機関が他社の借入れなどの情報を調べられるからで、初めて契約する会社であってもその履歴は把握されていると認識しておきましょう。
 収入や就業年数などが同じ条件でも、まったく借入れも返済も経験が無い人より、着実に返済実績のある人の方が信用は高くなるケースが多くあります。

極度額って何?

 極度額は利用限度額と似て非なるものです。カードローンで最大で融資を受けることができる最高金額を指します。これに対し、利用限度額は実際にその人が借入れ出来る金額を指し、極度額300万円、利用限度額100万円と言ったように契約書に記載されたりします。
 契約金額が大きい場合、利用限度額が最初から極度額に設定されることは少なく、返済実績など契約者の信用に応じて増えたりします。

極度額と同じ低金利で借入れ

 実際に借入額がいくらでも契約した極度額での金利が適応されるため、審査が通る自信のある方は極度額で契約をして実際は必要な額のみ借り入れるという形も取れます。
 この場合の利点はたとえ10万円の借入れであっても、契約が300万円であれば、その金利が適応されます。仮に10万円での金利が14%。300万円での金利が5%だったとすると、10万円借入れ時も5%の金利で済むのです。
 但し、実際に借入額は10万円でも、極度額の契約であれば、その金額を貸せる人かどうかという視点で審査されるため、審査が通らない可能性も高くなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です