返済時の1000円未満の端数

カードローン返済時の1,000円未満の端数

「カードローンの返済時に毎月の指定日にコンビニATMなどで定額を支払っています。もうすぐ、完済なのですが私が使っているATMは、紙幣しか取扱いがないようです。1000円未満の端数の返済はどうしたらいいのでしょうか?」という質問をもらうことが良くあります。不安に思う人は少なくありません。

ATMからの返済で硬貨が使えないケースがある

この疑問は、カードローンの利用時にATMを返済方法として選択している方に多いと思います。銀行口座からの自動引き落としの場合には、残高に応じて完済時にも、その端数の金額が自動で引き落とされます。しかし、ATMの場合には、お札しか入らないため、1000円未満の端数が入金出来ないのです。

金融機関が提携しているATMは、100万台を優に超える膨大な数の設置数があり、借り入れの際はとても便利です。仕事で遅くなってもコンビニに設置されているATMを利用することができますので、普段であれば時間帯や曜日も気にする必要がありません。

しかし、端数も含めた返済を行う際には、金融期間が提携しているATMの中から硬貨を取り扱うことができるものを選ぶ必要があります。その他の方法としては、最終返済のこの時だけ、窓口で返済をするという方法か、指定口座へ振り込みをするという方法をとることにより完済が可能となります。

カードローンの1,000円未満の残高は返済する必要がない

金融機関によっては、利用残高が1,000円未満になった場合、この残高に関しては、「利息・手数料を付けず、支払期限を設定しない残高」とし、次に利用した際に、最初の支払い時に清算する。という形をとっている会社もあります。実質的にはこの場合は1,000円未満の端数は返済しなくても完済扱いになるということです。

カードローン会社にとっても、数百円でも残高がある状態にすれば、また利用して借り入れしてくれるかもしれないということで、1000円未満の場合は利息を付けずに完済扱いで維持をしてくれるのです。

とはいっても、数百円でも借入残高があるのが気になる方は、銀行振込みか、窓口で完済する方法がおすすめです。完済してから解約することができますし、ここまでやって完済なので、個人信用情報の実績としても完済になり、次からのカードローン審査が通りやすくなるのです。直近で現状のカードローンを使わないのであれば、まずは完済してしまって解約まで済ませておきましょう。完済実績が付けば、次のときはより条件の良いカードローンを利用できる可能性があるからです。

金利と同様に各金融機関によって、返済時の規定も違いがありますので、気になる方はご利用時には該当するカードローンのウェブサイトなどで確認しておくと良いでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です