カードローンの自動融資とは

カードローンの自動融資とは

カードローンには自動融資という機能があります。ここではカードローンの自動融資について解説します。

カードローンの自動融資とは

カードローンは、契約によって自動融資の機能が付けられるものがあります。カードローンは、一般的に返済用口座を設定します。クレジットカードの引き落としや公共料金、電話代などの引落し口座が同じカードローンの返済用口座に設定してある場合に、口座の預金残高が不足して電話代やクレジットカードの引き落としができなくなってしまった場合に、カードローンの利用限度額内であれば、自動的にカードローンから入金され自動支払いの引渡し漏れを回避してくれるのです。

これがカードローンの自動融資機能といものです。カードローンや自動融資が効かない支払いなどもあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

自動融資のメリット

クレジットカード支払いの引き落としを回避できるのが一番大きなメリットと言えるでしょう。クレジットカードは、公共料金などと違い、引き落としができなかった場合には個人信用情報に延滞情報が記載されてしまいます。この機能を使うことによりそれが回避できるメリットがあるのです。ちなみに、割賦契約になっている携帯電話料金も引き落とし漏れがあると個人信用情報に延滞情報が記載されます。

ただし、自動融資もカードローンを利用していることに違いないので、頼りきらずに口座をチェックしておくことが大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です