無担保、保証人なしの理由

カードローンが無担保、保証人なしの理由

カードローンは、ほとんど「無担保、保証人なし」で借り入れができます。これは一体なぜなのでしょうか?ここではカードローンが無担保で保証人なしで利用できる理由を開設します。

カードローンは無担保・保証人がないからこそ金利が高い

カードローンと住宅ローンを比べてみると、カードローンの金利は5%~18%の間ですが、貸金協会のデータでは、15%前後が平均の貸付金利になっているようです。住宅ローンは1%~2%の金利で利用されています。

住宅ローンの場合は、もし返済してくれなかった場合、銀行は担保にしていた住宅を売ることで貸したお金を回収することが可能になります。つまり銀行にとってはリスクが少ないのです。そのため、低金利で貸しても利益が出る形になります。

逆にカードローンの場合は、もし返済してくれなければ、銀行は回収できずに赤字になってしまいます。この債権回収ができない割合というのはだいたい1%~3%と言われています。つまり、これ以上の割合で高い金利を設定しておけば、リスクが高くてもビジネスとして利益を出すことが可能なのです。

これこそが金融機関が無担保で保証人なしで貸付ができている理由なのです。

銀行のカードローンは実は保証人がいる

銀行のカードローンを利用する場合には「保証会社の保証を受けられる方」という条件がついています。つまり、銀行は上記のようなリスクを取ることを回避するために、保証人の代わりに保証会社というものを利用しているのです。この保証会社は、貸した人が返済してくれなかった場合に代わりに銀行にお金を支払ってくれるのです。その代わりとして銀行は保証会社に保証料という費用を支払うのです。

これを代位弁済というのですが、勘違いしてほしくないのは、保証会社が銀行にかわりにお金を支払ったとしても、借りた人の債務(借金を返済する義務)がなくなったわけではありません。立て替えてくれた保証会社に返済することになるのです。この場合、今までどおりの条件で返済ができるということは、まずありません。金利があがることや、場合によっては一括返済を求められるという可能性もあります。

ちなみに、銀行カードローンの保証会社というのは、大手の消費者金融になのです。つまり、銀行カードローンで銀行だから取立ては厳しくないだろうと、お金を借りて返さずに保証会社である消費者金融が代わりに支払った場合、結局のところ消費者金融から返済を請求されることになるのです。

実際には、消費j者金融カードローンも銀行カードローンも、保証会社が消費者金融である以上、同じで、消費者金融がリスクをとって、貸付をおこなっているのが実態なのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です