お金を借りるのがはじめての方へ不安解消

お金を借りるのがはじめての方へ不安解消

お金を借りるのがはじめての方は、カードローンが本当にいいのか?カードローンって何か?怖い取り立てとかないのか?カードローン以外の方法はないのか?など疑問がつきないと思います。ここではそんなお金を借りることに関する疑問や不安を解消します。

お金を借りる方法にはどんなものがある?

お金を借りる方法について、検討すべき優先順位で解説します。まずはどんな方法があるのかを把握しておきましょう。

1.親からお金を借りる。

これが一番無難な方法です。よほどの親でなければ借用社と金利を設定したりすることはないでしょう。親との関係が悪くないようであれば、一番先に検討すべきなのは親からお金を借りることです。

2.兄弟からお金を借りる。

どうしても、プライドがあって親から借りられない。心配掛けたくないから親から借りられない場合は、兄弟や親せきにお願いするのが良いでしょう。この場合も、金利はなくても、ご飯をおごったり、何か別の対価を与えることでスムーズに借りられる可能性があります。

3.銀行からお金を借りる。

銀行からお金を借りるのは銀行カードローンです。銀行カードローンであれば、万が一家族や友達に知られたとしても、信用があるイメージがあるので不安を与えることは少ないでしょう。

4.大手消費者金融からお金を借りる。

これは次にくるクレジットカードよりも優先順位が高いことが重要です。なぜなら、クレジットカードよりも、大手消費者金融のカードローンの方が金利が低いことが多いからです。また、大手消費者金融であれば、銀行のグループ会社であることが多く、テレビや漫画で描かれる怖い取り立てなどもないからです。

5.カード会社からお金を借りる。

意外に借りやすいクレジットカードのキャッシング。しかし、実は一番金利が高いのがこのクレジットカードのキャッシングなのです。優先順位は下の方だと思った方が良いのです。

絶対にやってはいけないお金を借りる方法

下記のお金の借り方は絶対に避けましょう。違法な金利や違法な取り立て、金銭的トラブルになるのは、闇金利用と友人・知人からの借金です。借りやすいからといってこれを選択してはいけないのです。

1.友達からお金を借りる。

友達というのは仲が良くても、他人であることに変わりありません。友人でのお金の貸し借りはトラブルに発展することが多く、重大な事件に発展するケースもあるぐらいです。情が絡んでくる友人でのお金の貸し借りは避けた方が良いのです。

2.ヤミ金融からお金を借りる。

今では、ヤミ金の取り締まりが強化され、ヤミ金の数自体は減ってきているのですが、それでもまだヤミ金が存在しているのです。簡単なのは、CMで見たことある大手でないと借りないことを決めてしまえば、知らずにヤミ金から借りてしまったなんてことはおきません。

はじめてお金を借りる時の不安

怖い取り立てってあるの?

2010年に貸金業法というのが改正されて、取り立て行為に関する規制も強化されたのです。具体的には、暴力的な対応をして、取立てを行うこと、大声や乱暴な言動で威嚇して、取立てを行うこと
多人数で債務者の家に押しかけて、取立てを行うこと、保険金による弁済を強制すること、またそれを示唆する言動をすること等は、法律で行うことができなくなったのです。

そのため、返済が滞った場合には、返済の催促の電話はかかってきますが、テレビドラマにあるような取り立てというのは姿を消してしまったのです。

家族や会社にばれないの?

実際には家族や会社にばれたくない。という方も多いのではないでしょうか。カードローンの場合は、長年キャッシングのサービスを提供してきた実績があるため、この「家族にばれたくない」という要望にこたえられる仕組みが多く用意されています。

例えば、会社への電話は個人名で個人の携帯からかかってくるので、在籍確認とはいえ、その電話が銀行や消費者金融からの電話であることは一切わかりません。また、消費者金融の場合、郵送で送られてくる書類も会社名が書いておらず「○○事務局」というような宛名で外からは消費者金融であることがわからない状態になっています。

また、最近では郵送もなく、電話もない、カードローンが登場するなど、プライバシーに関するサービスは万全といってもいいでしょう。

最悪、返せなかったらどうすれば良いの?

その月返済することが難しい。という場合は、事前に電話を入れることで返済日を伸ばしてもらったりすることが可能です。黙って返済が遅延するのだけは信用がなくなるため避けた方が良いのです。またこのような対応は、銀行カードローンよりも、消費者金融のカードローンの方が柔軟に行ってくれるケースが多いです。

その月だけでなく、返済ができない。という場合は、「債務整理」によって返済額を削減するか、「自己破産」によって返済を免除してもらうことが必要です。これは社会的に借金が増えても、救済する制度なので、悪用はできませんし、借りたものは返すのが前提です。しかし、返済不能になった場合には、「債務整理」「自己破産」という方法を取ることもできるのです。ただし、この方法をとった場合には、5年以上は新しくローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることができなくなるデメリットがあります。

 借りたお金は本当に返せるのだろうか?

「お金を借りてちゃんと返せるのか?」不安という片もいると思います。これは本人次第なのですが、カードローン会社は「返済余力のある方にしか審査を通さない=貸さない」ということも事実としてあります。つまり、返せる人にしか貸さないのです。

カードローンを借りられたということは、返済余力があるということで、収入に見合った生活や節約を心がけていれば返せるはずなのです。本人の努力にもよりますが、「借りられる」ということは「返せる」ということでもあるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です